地域で生きる

大部分のサラリーマンは、30年なり40年なりの会社人間
生活を終えて地域に帰ってくる。地域は、快く受け入れてくれる
だろうか大きな不安があった。
会社のため(仕事)家族のため(給料)そして自分のため
に人生の半分を費やしてきた。

檻から放たれた虎 自由に戸惑いながら右へ、
左へと
目を凝らす
のっぱらに大の字になって
吸い込まれそうな深い青空を見上げる
自由だ!!


やがて戸惑い、疎外感、孤愁  

毎日が日曜日、  無職、  名刺もない
粗大ごみ、 ぬれ落ち葉、企業戦士は、捨てら
れる運命。

公民館が仲間にいれてくれました

再起動

自分のため(生き甲斐発見、趣味) 地域のため
(ボランティア)家族のため(年金)

人生100年時代

3年前に始まった公民館講座「ここがふるさと、
東大和の 魅力発見・発信し隊」に参加しまし
 た。
そして自分を発見しました。
ブログ(ホームページの一種)を作りました。
パソコンに弱い私にできたのです。
多くの出会いとふれあいに恵まれました。

その成果の報告会があります。
成果報告会「わがまちのちから」

1月23日(火)10:00~12:00
中央公民館ホール

成果発表会案内

「東大和どっとネットの会」は、ブログの
サイトで東大和の魅力発信の成果を報告します。

昨年11月1日自主運営にむけてこの
会を設立し、公民館が生んでくれた
ブログの会を育てる取組みを始めました。
会員18名
定例会 第1,2,4週水曜日AM10:00~12:00
場所 上北台公民館
見学歓迎

中間報告見本市の様子(2017,2,5)

中間報告見本市の様子(2017,2,5)

菊花仙人