1年1回の人間ドック
毎年この時期に健康診断をすることにしている。正月明けは空いているからである。

久しぶりにラッシュの電車にもまれて西武新宿駅に到着する。歌舞伎町の朝はしょぼくれている。明治通りまで歩く。そこに20年来受診している新宿健診プラザがある。
長年同じところで受診しているのは、過去のデーターがあるから経過がわかるからである。
午前9時頃検査は始まって11時前にはすべてが終わった。
最近バリュームを飲んでレントゲンの台に乗り手すりにつかまって動き回らされる胃の検査は、老体にはかなりきつい。逆さ吊りには、腕が体重を支えきれない。
検査結果は、24項目中 A・・・15 B・・・6  C3・・・1(要経過観察)F・・・2
(治療中)であった。昨年と変わらない結果であった。まずまず年相応と担当医の弁。どうすればいいですか。
身長は1.5センチ縮み、体重は、BMI25.2、内臓脂肪型肥満90.5とメタボリックシンドローム予備軍に該当し、放っておくと動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳梗塞などさまざま
な病気の原因となる。と注意された。体重を減らすべし。

費用の一部は、人間ドック助成金を市役所に申請をして銀行振り込みで受け取ることができる。早速1階の年金関係の後期高齢者の窓口にて手続きをする。