2017年度、郷土博物館の最初の企画展示は、歌にかかわる鳥がーマです。

昨年は「吉岡堅二の描いた鳥」が提示されました。
今年は鳥を詠んだ歌から、100首ほどを取り上げて鳥の写真とともに紹介しています。

普段何気なく目にする「野鳥」たち。
ふだん、気が付いたら口にしている「歌」。

両者を結び付けて、さらに身近なものとして感じてもらおうというのがねらいのようです。

表面

見て回るうちに、たぶん、あーこの鳥はこんな姿をしているのか、とか、この鳥のイメージは確かにこの歌に詠まれているような感じだよな、などの感想をもっていただけるのではないでしょうか。

この展示で得た感触を、さらに現実にフィールドに出て野鳥を観察すると、なお親近感を持てるのではないでしょうか。
同時に、歌の世界にも関心を深めていただければと思います。

期間:2017.03.18(土)~05.21(日) 9:00~17;00
会場;郷土博物館企画展示室
入場料:無料

 

 

 

裏面

 

期間中次の自然観察会が開催されます。

野草教室」3月20日(月・祝)
集合9:30am  郷土博物館 会議室~狭山緑地へ移動~昼頃解散予定

空堀川の鳥たち」4月2日(日)              集合9:30am 武蔵大和駅下広場
観察地<空堀川・清水橋~高木橋を中心に>  ~昼前解散予定

「バードウォッチング」も実施予定。
詳細は未定です。
館へお問い合わせください。

 

いずれも参加希望者は、事前に申し込みが必要です。
郷土博物館:☎042-567-4800
fax 042-567-4166