7月01日(土) 第一回多摩湖音楽祭・於ハミングホール

15:00~21:00、幼稚園児からシニア世代まで、またアマチュアからプロの演奏家まで、総勢10団体による音楽や踊りの競演が繰り広げられ、小ホール内外には熱気があふれ、充実した6時間となった。、

舞台での出し物に合わせて、エントランスでは様々な展示や民族衣装の試着体験等が用意された。

パネル①(上)吉岡画伯作品紹介

 

パネル①(下)・旧吉岡画伯国指定文化財建築物紹介

  郷土博物館では、戦争遺跡・旧変電所と吉岡画伯関連の展示を、
2枚のパネルを使って文化財ボランティアの協力によって掲示した。

パネル②(上)旧日立変電所紹介

 

パネル②(下)被ばくあおぎり2世他紹介

関係者も含め、この日小ホールに足を踏み入れた約200人の方々の中には足を止めて読んで下さる方も多く、特に旧変電所に関しては、市長さんの関心も高く15分ほど話を交わすなど、何人もの方と平和に関して対話することが出来た。

熱心に見入る市長さん~15分ほど保存への思いを熱く語ってくださる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設置した募金箱にも善意の寄付金が寄せられ、市民の皆様の平和への願いの強さが改めて実感された。

各種チラシ・寄付墓金箱等

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

東大和市立郷土博物館 
☎ 042-567-4800
Fax 042-567-4166
(by 晴行雨得)