中北台公園(上北台公民館北側)の一角です。一人のおばあさんの回りに子供達が集まっています。目の前に狐の顔がおじいさんの顔と向かい合ったモニュメントが置かれています。おばあさんは困り顔。

中北台公園にあるモニュメント・藤兵衛さんと狼
(クリックで大)

モニュメント・藤兵衛さんと狼が置かれている中北台公園
(クリックで大)

  「あのおじいさんに聞こう・・・」

手招かれて近づくと

「これって ナニ?」
「藤兵衛さんと狼って云う昔話のモニュメントだよ」
「ここに狼が居たの・・?」
「おじいさんを喰っちゃたの?」
「でも、おじいさん笑ってるよ。なぜ?」

どっと質問の集中です。

藤兵衛さんが行き来した笠松阪
(クリックで大)

藤兵衛さんが狐と出会った石川(村山貯水池の湖底に沈んだ)への道
(クリックで大)

 貯水池に沈んだ石川に藤兵衛さんという木こりがいてね、笠松坂を通って毎日仕事場に通っていた。ある朝、途中で狼に出会ったんだ。何だか苦しそうに近づいてきたので、よく見ると、喉に骨が刺っている。藤兵衛さんは、怖かったけど、骨をとってあげた。そしたら、その狼が朝晩送り迎えをしてくれるようになったんだ。嬉しかったんだろうね。とかいつまんで話しました。

「わかった、いい狼だね」」
「だけど、貯水池の近くの話でしょう。なんでここに、あるの?」
「そこへ行ってみたいな」

確かに、モニュメントのある場所と昔話の里の位置は相当に違い、距離があります。一方で、話が実際に伝えられる笠松阪(芋窪と武蔵村山市の堺)にはモニュメントは置かれて居ません。ちょっと違和感を感じます。

藤兵衛さんが狐と出会った笠松阪とモニュメントが置かれている中北台公園の位置関係(クリックで大)

しかし、全体の繋がりがわかると、団地の上北台と狭山丘陵の笠松阪は一挙に距離を縮めます。その地に伝わる素朴な歴史的背景への興味も広がります。
そこで、考えます。両方の地に何らかの表示をして、お互いの地域の結びつけが出来ないかと。

こうしたことから、何気ない「まちなか博物館」が生まれ、東大和市郷土博物館を核にして、小さな「まちなか博物館」の網が全市的な繋がりをもたらすのではないでしょうか。一つ一つやってみたくなりました。

健康ウオークを兼ねて、それらを廻ってみたくなりました。(2016.12.19.記)

藤兵衛さんと狼(よもやま話)
藤兵衛さんと狼(モニュメント)

つぶやきに戻る