清戸街道と高木神社 
左側に神社 右側は湿地帯であったと推定されます。クリックで大

所在地 東大和市高木二丁目104番地
祭 神 記念碑では高皇産霊神(たかむすびのかみ)
『狭山の栞』 では手力雄命(たじからおのみこと)

 煩雑を避け、ここでは神社の全体的な構成、景観をまとめ、個々の内容については別に記します。

清戸街道からの参道 獅子舞の一行はここから神社に向かいます。
クリックで大

高木神社のある地域は、神社を挟んで北側に志木街道が通り、南側に清戸街道が通ります。

神社の正面鳥居は清戸街道に面していて、こちらが表参道と考えられます。奈良橋川と空堀川の合流点を見守るように位置しています。

石灯籠と鳥居 クリックで大

表参道には文久2年(1862)銘のある幟立(のぼりたて)があり、神社は一段高くあります。

 石段を登ると石灯籠(平成6・1994年)に迎えられ、木造の明神鳥居(年代不詳)をくぐります。

高木神社の全景 クリックで大

  社殿の前には、盆踊りや獅子舞の舞われる広い前庭があります。正面に高木神社、左側に境内社、右側に塩釜神社がそれぞれ位置します。

 祭神や歴史については別に記します。

高木神社と塩釜神社全景 クリックで大

 塩釜神社は元は高木村の天領名主・尾崎金左衛門さんの屋敷神でした。安産の守り神として多くの参拝者を得て、明治10年(1877)にこの地に遷されました。

 熱心な支持者から村外の各地にも塩釜講が設けられました。

境内社の全景 クリックで大

 境内社として、八坂神社、山の神、稲荷神社、秋葉神社がまつられています。明治の一村一社制度の際、村の各地から遷られました。

高木他五か村連合戸長役場跡と社務所全景 クリックで大

塩竈神社の東側には神社を管理する別当の明楽寺がありました。明治の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)により廃寺となりました。その跡に造られたのが「高木他五か村連合戸長役場」でした。後に、昭和にかけて村役場として使われました。倉庫が残され、一帯を「高木他五か村連合戸長役場跡」 として東大和市の史跡となっています。

境内南東の一隅に、高木地域でまつられていた石仏群があります。クリックで大

道路の拡張など、それぞれの理由で当初の位置から動かさなくてはならなくなった石仏群がまつられています。
左から馬頭観音・供養碑、馬頭観音・供養之碑、庚申塔、馬頭観音、馬頭観音

高木神社の東側にある明楽寺墓地 クリックで大

かって、高木神社東側に、神社を別当として管理していた明楽寺がありました。円乗院住職の隠居寺とも云われ、その墓地が残されています。歴代住職墓碑の他、比翼塚などの石仏がまつられています。松っこごれ地蔵さんもこの地に遷られています。

 

 

(2017.08.12.記)

塩釜神社 明楽寺と明楽寺墓地
神社と寺院へ

モニュメント・高木の獅子舞へ よもやま話・高木の獅子舞へ