高木神社前、清戸街道に面して5体の石造物がまつられています。
道路の拡幅などにより、この地に遷されました。
享保4年・1719から昭和4年・1929に至る村人達の祈りの対象です。

左から馬頭観音(慶応4年・1868) 供養碑 馬頭観音(文政11年・1828) 供養之碑 クリックで大

左から 庚申塔(享保4年・1719) 馬頭観音(天保5年・1834) 馬頭観音(昭和4年・1929) クリックで大

 

 

 

 

 

 

 

 

別に詳細を記します。
(2017.08.19.記)

石造物へ