清水神社

清水神社全景 
クリックで大

所在地 東大和市清水3-786
御祭神 素盞嗚尊・大己貴尊・稲田姫命
(氷川社の御祭神、熊野神社の御祭神は不詳)
大 祭 9月15日
境内末社 本殿左横の社に石祠が二つまつられています。
東大和市史は「境内には末社として稲荷社、愛宕社を祭祀する」とあります。
略 歴 村山貯水池建設により湖底に沈む旧地より、氷川神社と熊野神社をこの地に移座、合祀して「清水神社」と改称しました。
大正8年(1919)ごろとされます。氷川神社の創建は健保2年(1214)とされます。清水神社の歴史にまとめます。

灯籠と狛犬 
クリックで大

鳥居の右側に「重建華表之記」の碑があり、略史が彫られています。

 灯籠一対 奉納 参宮紀年 講元五十嵐、池谷
大正九年(1920)一月二十三日 世話人 氏子中と台座に刻まれています。
狛犬一対 平成二年(1990)

 

 

社殿 クリックで大

社殿は平成二十二年(2010)に新築されました。その経過が社殿右側の「清水神社社殿新築記念碑」に彫られています。

新築なった社殿 
クリックで大

新築なった社殿 
クリックで大

 

「清水神社社殿新築記念碑」

清水神社社殿新築記念碑
クリックで大

清水神社は、地域の氏神様、鎮守様として、ひろく崇め親しまれてまいりました。
清水神社の創建は建保二年(一二一四)と伝えられ、大正八年頃(氷川神社及び熊野神社が合祀し)、村山貯水池建設に伴い、現在地(清水三丁目)に移転したもので移築後八十年以上が経過し、その老朽化が進んでいる現状を踏まえ、清水神社社殿建替発起人会、準備委員会、新築委員会と段階を踏み、地域に幅広く呼び掛け募金により新築することになりました。
ここに多くの方々の多大なる奉賛金に依り、新たな清水神社社殿を完成することができました。
落成の賀儀を迎えるにあたり、奉賛者各位のご芳名を碑に刻み、永く感謝の意を表します。
平成二十二年五月吉日
清水神社新築委員会  清水神社宮司 野口好文

境内社

境内社 
クリックで大

神社左奥に境内社がまつられています。格子窓から拝します。
中央に木製の社、中に石造の薬師如来座像 庚(かのえ)待供養 宅部村 同行十七人
(『生活文化財調査概要報告書』(1971年発行PL7に全体像が記載されています)
右側に石祠二祠(両社ともに嘉永7・1854年、村中の銘があると伝えられる)
左側に石造 地蔵菩薩座像

清水囃子モニュメント

清水囃子モニュメント 
クリックで大

境内に清水囃子のモニュメントが置かれています。
「清水離子は、幕末に高円寺村の人により清水村に伝えられたものであり、民俗芸能として貴重である」として、昭和49年9月20日市の技芸に指定されています。
ページを改めて紹介します。

氷川神社時代の石碑

氷川神社時代の石碑
左から石階新築碑、重建華表之記、敷石之碑
いずれも貯水池に沈んだ山下門前に建立されていたものを移設しました。
クリックで大

石階新築碑(明治27年・1894) 明治27年に伊勢大々講中の発起で石段を新築した記念碑
明治十一年一月発起人 伊勢大々連
右石段新築碑 明治二十七年一月一日設 氏子中

重建華表之記(明治30年・1897)四十七名
北多摩軍師水村村社氷川神社は山下門前にあり素盞嗚尊・大己貴尊・稲田姫命三神を祭る
健保二年建立という、天正十九年圭田五斛(こく)を賜り、延享四年(1747)石階を築き木造の華表を造った。されが朽ちたので朽ちないように石造に建て替えた。その記念の碑

敷石之碑(明治41年・1908)
氷川神社の参道に敷石を設置したときの記念碑 伊勢大々講中

清水農事実行組合記念碑

清水農事実行組合碑 
クリックで大

社務所の右側に木陰に隠れて清水農事実行組合の碑があります。
昭和初期、折からの世界恐慌にも影響され、村は疲弊しました。それを乗り切り、農政の転換を図るため、負債整理を含め養豚、養蚕などの共同処理を進める実行組合が設立されました。清水地域では昭和16年(1941)、農事実行組合を設立して成果を上げました。その経過が記されています。ページを改めて紹介します。

(2018.05.13.記)

清水神社の歴史

東大和市内の神社