浅間社 現在は狭山丘陵の頂付近にまつられています。クリックで大

浅間神社(東京都東大和市蔵敷)

位置
     明治6年(1873)蔵敷村戸長から神奈川県令に出された絵図では現在の蔵敷二丁目577付近に記されています。
  現在、狭山丘陵内に石祠があります。
祭神 不明(一般的には木花咲耶姫命・このはなのさくやひめのみこと)
創建 不明

神名や年月日、関係者などの刻みはありません。
クリックで大

地誌類の記録

『新編武蔵風土記稿』『狭山之栞』
 いずれも記載なし

「明治4年(1871)社寺調」の書き上げ(『里正日誌』12p42)
浅間大神 社地2畝15歩(75坪・約250㎡) 本社など敷地10歩(10坪・約33㎡)
 樅(もみ)、杉、松、檜など68本

明治5年(1872)6月、元名主から神奈川県庁に出された「社地境内外区別帳」 (『里正日誌』12p319)では

 社建坪1坪 平面1畝29歩とあり、社があったことが辿れます。

明治6年(1873)蔵敷村絵図の浅間社 クリックで大

現在の浅間社位置図
クリックで大

ルート
参道はありません。
熊野神社本殿裏側の小径を右に進み、山の神、愛宕社を経てやや下方にまつられています。

(2018.10.28.記)

  東大和市内の神社  

 蔵敷地域の神社  熊野神社  厳島神社  御嶽神社

 山の神  愛宕社  浅間社  山王社