豊鹿島神社の境内社5 紅葉稲荷

 豊鹿島神社表参道の石段を上がると右側に赤い鳥居が目に入ります。紅葉稲荷社への参道です。

豊鹿島神社表参道の石段右側の紅葉稲荷参道

 山道の石段をあがると朱の鳥居があり、豊鹿島神社の本社殿を包み込むように右側に張り出した丘陵の峰に達します。

 ほほ平地になったところに石の鳥居が設けられて、祠に達します。この姿をお参りされた、神社に詳しい方が
「このお稲荷様は、鎌倉の鶴岡八幡宮と丸山稲荷社の関係のように感じます。このお稲荷様がこの地の「地主神」だったのでしょうか」
と聞かれます。

 鎌倉の丸山稲荷社は、鶴岡八幡宮が創始される前から、その地にあったことから「地主神」とされ、八幡宮の近くにまつられています。
 「ここの場合は違うようです。後で現地をご説明しますが、このお稲荷様は境内南の青梅街道付近にあったと伝えられます。」
 と説明しました。その後も同じような質問に何回か出会っています。

 案内板には「紅葉稲荷社」
 御祭神 豊受姫命
  産業振興 商売繁昌
と記されています。創建の年、奉納者などは不明です。

紅葉神社位置図
クリックで大

 蔵敷の内野杢左衛門氏が江戸末から明治初年、大正年代について記された、「杢翁記録」には

 「芋窪には私領と御料所とありて、高札は紅葉稲荷の側に貯穀箱と倶(とも)にありき」
とされ、青梅街道北側に接して、高札場の近くにまつられていたことがわかります。地元の方々のお話では、もとは個人がまつり、講がもたれていたそうです。

(2018.11.23.記)

豊鹿島神社の境内社(1概要)
豊鹿島神社の境内社(2日吉神社)
豊鹿島神社の境内社(3愛宕神社 白山神社 滝沢明神社)
豊鹿島神社の境内社(4稲荷社 産泰社 御嶽神社)
豊鹿島神社の境内社(5紅葉稲荷社)
関連 旧住吉神社 (6旧住吉神社)

豊鹿島神社
東大和市内の神社