秋深まる

 

            

9月も下旬になると、
すっかり秋深まり,過ごしやすくなった。
気温が下がり空気が澄んでくると
富士山が姿を現わす。
しかし、
雪が残っていないためか見映えが良くない。
遠くから見る富士山は、やはり冠雪した姿がいい。
この時期は、

                

   富士山に代わって「夕日と雲」が鮮やかで見ごたえがある。  刻々と変化する「夕日と雲」は、

まるで映像を見ているようである。

写真を撮っている間に、

         

モノレールが幾度か通り過ぎて行った、
玉川上水駅前の高層アパートから、
今日も、
 
飽きることなく「富士山と夕日と雲」を眺め、
写真を撮りつづけている。