南北戦争後のアメリカ西部を舞台に流れ者シェーンと開拓民一家との交流や、悪徳牧場主との決闘を描いた西部劇で、第26回アカデミー賞作品賞をはじめ、5部門にノミネート
され、撮影賞(カラー部門)を受賞した、1953年作品でジョージ・スチーブンス監督、出演:アラン・ラッド、ヴァン・ヘフリン、ジーン・アーサーの作品です。
 南北戦争後に米政府は西部開拓を積極的に勧める為に、入植した農民が5年間耕作すると無償で一定の土地が得られる法律を作り、農民が新しい土地に開墾に入り始めていたが、そこにいた牧場主との間で争いが生じていた。ある日、流れ者のシェーンがやってきて物語が始まりました。
映画の内容の説明は「シネマクラブHIBARI」代表の秩父様にして戴きました。
詳細は下記資料をご覧(アップ願います)下さい。

181209シェーン報告書
次回映画会は以下の資料をご覧(アップ願います)下さい。
羅生門
トップページに戻る