東大和市立郷土博物館の文化財ボランティアの立場から、市内の文化財の解説、企画展のご案内、文化財ボランティアの活動を中心に紹介します。
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 吉岡堅二

タグ : 吉岡堅二

講演会「東京藝術大学時代の吉岡堅二先生」

東京藝術大学在籍時に吉岡堅二に学んだ三浦耐子先生をお招きし、大学での指導の様子や、昭和30~40年の作品についてご講演いただきます。 トルコ・カッパドキアの調査や、法隆寺金堂壁画再現模写事業に携わっていた当時の吉岡堅二の …

(仮称)東大和郷土美術園 特別公開

東大和市ゆかりの日本画家・吉岡堅二が昭和19年から平成2年までくらした邸宅を公開します。 生前、創作活動を行っていたアトリエもそのままの状態でご覧いただけます。 どうぞごゆっくりご覧ください。 公開日 11月26日(土曜 …

東大和市内史跡めぐりの下見~多摩湖建設と移転の跡を探る

9月18日、文化財ボランティアの研修も兼ねて、史跡めぐりの下見をしました。 2016年 東京都文化財ウィークのプログラムのひとつにもなっています。今年のテーマは「多摩湖建設と移転の跡を探る」都民の水がめが造られる陰で多く …

吉岡堅二展「鳥110羽」

東大和市ゆかりの日本画家である吉岡堅二は、鳥を生涯のモチーフとし、数多くの作品に鳥を描き残しました。生誕110年を迎える今年は、吉岡堅二の作品の中から、110羽分の鳥が描かれた絵を集め、その業績をご紹介します。 ポスター …

吉岡堅二展 鳥110羽

★次回企画展示は「吉岡堅二展 鳥110羽」 会期:9月17日(土)~10月16日(日) 会場:東大和市立郷土博物館 鳥の絵を多く描いた日本画家吉岡堅二。 その生誕110年にちなんで、 110羽の鳥の絵を展示する予定。

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 東大和の博物館・文化財情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.