東京藝術大学在籍時に吉岡堅二に学んだ三浦耐子先生をお招きし、大学での指導の様子や、昭和30~40年の作品についてご講演いただきます。

トルコ・カッパドキアの調査や、法隆寺金堂壁画再現模写事業に携わっていた当時の吉岡堅二のエピソードもお話しいただきます。

期日:平成29年3月19日 日曜日

時間:午後1時30分から3時30分

場所:郷土博物館1階会議室

講師:三浦 耐子氏(武蔵野美術大学名誉教授)