東大和市立郷土博物館の文化財ボランティアの立場から、市内の文化財の解説、企画展のご案内、文化財ボランティアの活動を中心に紹介します。
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 旧吉岡家住宅

タグ : 旧吉岡家住宅

企画展「堅二と華堂」

東大和ゆかりの日本画家・吉岡堅二は、昭和期の前衛日本画界を牽引した巨匠の一人です。 堅二が10歳の時に42歳で急逝した父・華堂も、狩野派の流れをくむ日本画家として活躍しました。 堅二没後30年の節目に、東大和市で初公開と …

吉岡堅二展 日本画であいうえお

昭和期の前衛日本画を代表する吉岡堅二の展覧会です。 吉岡堅二は明治39年に日本画家・吉岡華堂の次男として生まれました。 昭和19年に大和村(現在の東大和市)へ転居し、亡くなるまでの約半世紀をこの地で過ごし、創作活動にはげ …

旧吉岡家住宅 春の公開

  東大和市ゆかりの日本画家・吉岡堅二画伯の旧宅を3日間公開されます。  堅二画伯の作品や登録有形文化財となった主屋兼アトリエ、蔵、長屋門、中門をご覧いただけます。  また、旧宅の公開にあわせて、郷土博物館でも堅二画伯の …

春の旧吉岡家住宅公開で発見

オオハンゲ (サトイモ科 ハンゲ属) 旧吉岡家住宅内の通路脇に生育していたオオハンゲを発見。 都内で唯一のケシを栽培していることで知られる、「東京都薬用植物園」(東大和市駅至近)ではオオハンゲを栽培しているが、本州中部以 …

旧吉岡家住宅 春の公開

郷土の日本画家・吉岡堅二の作品と旧宅を、3日間公開します。 ・日時:平成30年5月25日(金)~27日(日)      午前10時~午後4時 ・会場:(仮称)東大和郷土美術園 ・入園料:無料 ★ワークショップ「書と和紙で …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 東大和の博物館・文化財情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.