今年はコロナ禍によるステイホームで、ぺットショップの動物の売れ行きが2倍とのこと。

Xmasのプレゼントとして購入する人まで居る。

習性について学ぶ機会もなく、家族で十分に話し合うこともなく、終生飼育する覚悟のない家庭に迎えられた動物。

はたして大切にしてもらえるのだろうか。

天寿を全うする日まで、毎日続くトイレの世話と給餌給水。

泊りがけの旅行は制限され、病気になれば治療と通院に高額なお金もかかります。

下痢が続けば、掃除だけでもなかなか大変、癒やしを求めるどころではありません。

動物を迎えるということは、自分に使っていたお金と時間を動物に捧げるという事。

この一番肝心なことをペットショップは伝えない。

安易に買って安易に捨てる悪循環、これではせっかく野良猫に手術したって追いつきません。

生体販売はいつまで続くのでしょう。

(殺傷:懲役5年、罰金500万円、  虐待・遺棄:懲役1年、罰金100万円)

 

以下は杉本彩さん率いるEvaのYouTube番組です。

 

クリスマスにペットを買わないで「Evaチャンネル」より

#Repost @evaanimal with @make_repost・・・第18回… | 杉本彩オフィシャルブログ 杉本彩のBeauty ブログ Powered by Ameba (ameblo.jp)