東大和市のまちかど歴史などについて投稿をお待ちしています

お知らせ

楽しい星座さがし

東大和市立郷土博物館でプラネタリウム春番組として「楽しい星座さがし」が投影されています。

装いの民具展

東大和市立郷土博物館で「装いの民具」展が開かれています。

東大和郷土美術園(旧吉岡邸)特別公開

 東大和郷土美術園(旧吉岡邸)の春の特別公開が行われます。 当日、「お庭ガイド」「おうちガイド」「日本画体験」が行われます。    

あなたもおりひめに

東大和市郷土博物館で「装いの民具展」の関連イベントとして「はたおり体験」が催されます。

第26回多摩湖駅伝大会

 来年、2016年3月20日に行われる第26回多摩湖駅伝大会の参加募集が行われています。 コース  ・村山貯水池下堰堤広場(スタート・ゴール・中継)→多摩湖周回及び都立狭山公園周回 スタート ・多摩湖周回コース:午前9時 …

新着記事

東やまと産業まつり

 11月5日(土)、6日(日)に  第47回・東やまと産業まつりが行われます。  会場が変わりました。  昨年は桜が丘地域の中小企業大学の庭で行われましたが、元の場所に戻って、市役所です。  (クリックで大) 催し物も、 …

『新編武蔵風土記稿』に描かれた東大和の村々

 江戸時代末、東大和市の村々はどのような姿をしていたのか?  幸い、1800年代初め、幕府の手によってまとめられた資料があります。  『新編武蔵風土記稿』(多摩関係は文政5年・1822) 『武蔵名勝図会』(文政6年・18 …

江戸時代の村の人口動態

 江戸時代の人口動態を示す貴重な資料が大和町史研究にあります。  最低198人、最高262人、おおむね210人代後半~230人を行き来する蔵敷村(減・東大和市)の宗門人別帳による動きです。 (出典 大和町史研究1p55) …

おんじー!?

 東大和市の現・狭山地域が後ヶ谷村(うしろがやむら)と呼ばれていた江戸時代の話です。  杉本家に伝わる貴重な古文書に宗門帳があり、当時の家族構成がわかります。   (出典 大和町史研究10p71)  宝永4年(1707) …

RSS 狭山丘陵の麓で

  • 菊花の玄関 2018年11月6日
    菊花の玄関 毎年、この時期になると我が家の玄関は菊の花が賑わいます。 通りすがりの方々も楽しみにする日々です。 […]
  • おみたらし 2018年10月21日
    おみたらし 蔵敷の御嶽神社境内です。 社殿の右側、自然石の石神の近くに湧き水の小池があります。 蔵敷・御嶽神社 […]
  • ばばあのふところ 2018年10月14日
    ばばあのふところ 東大和市の微笑ましい地名の一つに蔵敷の「姥の懐」(うばのふところ)があります。青梅街道の蔵敷 […]
2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGETOP
Copyright © 東大和今昔 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.