東京都体育協会並び東大和市体育協会が主催する第7回目を数えるシニア健康GB大会
が桜が丘市民広場で開催され、平成30年度の90歳を超える4名の方が大会に選手とし
て参加。祝福すべく市内18チームから約100名に及ぶアンダーイアーの選手も参加し大会
に華を添えた。4名の方々へは今後もなお現役選手として健康にゲートボールを続けて頂き
たく記念品を大会参加者全員の前で熱い拍手のなかで贈られた。


右側は平成30年度から就任した吉田会長    会長から記念品を贈呈

清原くらぶのゼッケン6番の新井さんと右隣のコートでは幸の会のゼッケン1番の滝澤
さんは主将を務めボール回しの指示を与える
 
同じく滝澤さんのスパーク打撃         右は審判も務める姿で敬服するばかり


友愛の荒井さんの打撃で見事タッチ後、スパークで相手側のボールをアウトする
 「東大和市は健康寿命を延ばす健康増進の施策を掲げている」
シニア健康GB大会の関連記事は次へ   FC2のシニア健康GB大会の記事