2月の教室を最後に6月まで休会を続け7月4日に再開に漕ぎつけた。

再始動はかつ丼ととした


お肉を揚げる

「野呂幸子フードコーディネーターからの説明」
こんにちは。久しぶりのみんなの料理お元気でしたか?。
今回のメニューは「コロナにカツ!」短時間調理、卵料理
はご自身の分は自分で調理。という意味も込めて「カツ丼」
にしました。このような状況で安全に調理出来るように考え
ましていつもと異なることをご了承下さい。メニュー「カツ
丼と副菜」を4グループ分け調理は各グループ1名で順番に。
食材、調味料等も各グループに置きます。カツ丼の材料の
カツは人数分揚げて切り、玉ねぎは薄切りする。副菜は当日
自宅で作り、ご飯は炊いて持っていきます。ここまでを私が
やりますので、ここからレシピ:①フライパンに玉ねぎ、調味
料を入れ火をつけて玉ねぎがしんなりしてきたらカツを重な
らないようにならべて2~3分ほど煮て味をしみ込ませる。
②卵2個を器に割り入れ大きくふんわりかきまぜる。カツの
上から卵液を回し入れ蓋をして数分したら火を止める。(半
熟なら30 秒位で )③用意したお弁当箱にご飯を入れてその
上からカツ煮をのせる。紙カップに副菜を入れる。以上ご
質問があればメール下さい。時間との戦いですが安全に
スムーズに楽しくやりましょう。最後まで読んで頂きありが
とうございました今までにない状況下での料理教室です。
皆さんよく読んでご協力を願います。

お肉は豚ヒレカツ・ロースと鶏かつ丼


皆での会食を止めて自宅で食べることに


再開にあたっても終息の気配がないため慎重の上にも慎重を期して、
先ずは早めに終える時間短縮、接触を避け一人ひとりが自分の物を
調理、公民館の調理器具は末消毒と聞き一切使用せず自前でお箸・
容器類までも用意。出来上がったものは会食せず自宅に持ち帰えり
とした。


8月は創立記念ながら9月に延期

下記をリックすると料理サークルのTop-Pageへ

みんなの料理

記:東大和y(y-imokubo