五日市憲法の街を訪ねる
9月18日 13時に武蔵五日市駅改札口に集合。
東大和市を出る時は雨が降りそうでしたが、五日市は曇り! 良かったです
総勢21名の皆さんが参集、途中八王子の市民が飛び入り参加となり22名です

最初に訪ねたのは「勧能学校跡」 
 観応学跡地
講師の砂田先生が、深沢権八・千葉卓三郎・内野杢左エ門・鎌田訥郎の4名を
時系列に比較して、時代背景を悦明しながら講義を受ける
 観応学舎跡地

砂田先生が作成の人物相関図
五日市憲法・相関図
五日市郷土博物館へ、館内でボランティアのガイドの説明を受ける
その後憲法草案碑へ

五日市憲法草案碑の案内
 五日市憲法草案説明

五日市憲法草案碑
同じ碑が,三ケ所にあります。五日市、千葉卓三郎の生誕地(宮城県栗原市)
墓所のある仙台市資福寺です
 憲法草案碑
その後、五日市博物館・図書館へ。図書館では憲法関連図書を見る
いよいよ、山の中の深沢家へ・・・タクシー3台の相乗りで行く

 深沢家の外観(非常に綺麗になり驚く)
 深沢家外観

 土蔵(鄙びた土蔵が様変わりしていた)
 様変わりした土蔵
昔の人は、山の中の道、夜道を1時間以上かけて勧能学校へ通ったこと
には驚きであり、この場所で自由民権運動が出来た?
五日市憲法が考えられた驚きを味わった1日でありました

五日市憲法を知る ➡ 五日市デジタルアーカイブ
その他「ペンクラブ」、栗原市のホームページを訪れてみてください