東大和市の歴史を次の区分で書いています。
クリックすると、それぞれのページに飛びます。

1大まかな歴史の流れ

 狭山丘陵の誕生から現代までの大まかな歴史の流れ
 (地質、先史、古代、中世、近世、現代)

2 略年譜

 各時代の東大和市を中心にした略年表と図
 (地質、先史、古代、中世、近世、現代)

3 時代別・個別の東大和市にかかわる歴史

1 地質

・東大和市は海の中(200~50万年前)
 
 

%e3%82%ab%e3%82%ad

  マガキ
村山下貯水池工事中に発見された
 
 
 
 ・旧石器人は空堀川河畔でキャンプ。
 ・縄文時代、狭山丘陵の峰々は縄文銀座と云われるくらい賑わった。
  縄文晩期、気候が冷涼となり、人々は移動したか、遺跡はなくなった。
 ・弥生時代、残念ながら遺跡は見つかっていない。
 
 
 ・谷ッに水田を営む集団が定着。
 ・豊鹿島神社に創建伝承。
 
 
 
(1)鎌倉時代
 
 ・狭山丘陵の峰に板碑、浄土教の世界が広まった。板碑の世界。
 ・人々は丘陵の谷ッに散住、郷村を形成、神社、お寺の創建が伝わる。
 
%e4%b8%ad%e4%b8%96%e5%88%9d%e6%9c%9f%e3%81%ae%e7%8a%b6%e6%b3%81
中世初期の状況(クリックで大)
 
(2)室町・戦国時代
 
 ・武蔵野の戦乱の影響を受けながら、村人達は生活の基盤を定着。
 ・文正元年(1466)豊鹿島神社本殿が建設された。
  奈良橋郷の存在が明らかになった。
 ・後北条氏の支配下に入り、八王子城と繋がりをもった。
 
 
 ・徳川家康が関東に入府。直後に直属の家臣が配属されてきた。
 ・村切りにより、芋窪、奈良橋、高木、後ヶ谷、清水村が成立した。
 ・玉川上水・野火止用水の開削。
 ・村人たちは野火止用水際まで一挙に新田開発を進めた。
  縦に細長い村が成立。
 
%e7%b4%b0%e3%81%8f%e9%95%b7%e3%81%84%e6%9d%91
1600年代末までに、野火止用水際まで新田開発 細長い村の成立
(クリックで大)
 ・年貢は金納で、江戸へ馬で炭や薪を運び農間稼ぎをした。
 ・幕末、農兵が組織されて訓練をした。
 
 
(1)明治
 ・名主、組頭、百姓代に代わって近代の村が生まれた。
 ・小学校が建設された。
 ・明治12年(1879)、各村で、村会議員選挙が行われ最初の村会が開かれた。
 ・明治14年(1881)、自由民権運動が高まった。
 ・明治17年(1884)、高木村ほか5か村を連合して、連合村が成立する。
 ・明治45年(1912)、村山貯水池建設きまる。
 
(2)大正
 ・明治末から昭和初期にかけて、村山貯水池の建設が行われた。
  貴重な水田を持つ古村(162戸)が移転、水没した。
 ・大正8年(1919)11月1日、大和村になった。
 
(3)昭和
 ・昭和13年(1938)、無人の南部地域へ、東京ガス電気工業(株)立地、南街成立。
 ・昭和20年(1945)、軍需工場への爆撃、壊滅、平和産業への転換。
 ・昭和29年(1954)5月3日、大和町となった。
 ・昭和31年(1956)2月24日、米軍大和基地が開設された。
 ・昭和30年代中葉から、公営高層集合住宅団地の建設、周辺の無秩序な住宅地化、人口急増。
 ・昭和45年(1970)10月1日、東大和市となった。
 ・高層集合住宅団地の建設。
 
(4)平成
 ・近い将来、人口減が推定されている。
 ・新しいまちづくりが課題。
 
 この過程を皆さんと共に追い、語らいの場として行きたいと思います。
 「人と自然が調和した生活文化都市」を目指す東大和市、どのような歴史を積み重ねるのでしょうか。
 古い写真や古文書、是非お寄せ下さるようにお願い致します。