ブログ

勝楽寺の里

勝楽寺の里  山口貯水池の建設により湖底に沈む勝楽寺の里から30戸の方々が東大和市の芋窪と奈良橋地域に移転されました。    その里は村山貯水池に沈んだ石川の里と峰を境にして隣接し、深い関わりを持っていました。  勝楽寺 …

勝楽寺地域からの移転(山口貯水池に沈んだ集落 東大和市)

勝楽寺地域からの移転(山口貯水池に沈んだ集落 東大和市)  山口貯水池の湖底に沈んだ勝楽寺地域から東大和市に移転した記録です。  村山貯水池の建設に引き続いて、昭和2年(1927)、山口貯水池の測量、建設が進められました …

芋窪観音堂前 馬頭観音(東大和市)

芋窪観音堂前 馬頭観音(林堂前)  芋窪の観音堂(林堂 狭山三十三観音十九番札所)の前に、自然石の馬頭観音様がまつられています。  旧道の道筋ですが、注意しないと見過ごします。ご近所の方は  「全く最近のものは、信心がな …

四ッ街道の馬頭観音(東大和市芋窪)

四ッ街道の馬頭観音(東大和市芋窪)  現状は都市計画道路の新設により変化をしていますが、古い交差点があります。芋窪街道と地元で四ッ街道と呼ぶ江戸時代の広域道路が交差する西北角です。交差点も「四ッ街道の交差点」と呼ばれ、こ …

蓮華寺の馬頭観音(東大和市)

蓮華寺の馬頭観音(東大和市)  蓮華寺の門を入ってすぐ右側に石仏が並びます。その一番左側に、目の前の道路方面を向いた石塔があります。  寛政11年(1799)の馬頭観音です。  村山貯水池に沈んだ石川の里、蓮華寺の旧地付 …

RSS 狭山丘陵の麓で

  • 幕末、狐との共生 2019年7月31日
    幕末、狐との共生 急激に暑くなりました。加えて、加齢と共に複数の作業がサッサと出来なくなり、一方づいてしまい、 […]
  • 学校の先生も大変 2019年7月7日
    学校の先生も大変 明治も末から大正初年の頃のことです。村は財政難で、ついに、先生の給料が払えず、やむなく、先生 […]
  • 羨ましい鳥とサクランボ 2019年6月21日
    羨ましい鳥とサクランボまちなかの街路樹にサクランボ!毎年楽しみにしています。今年も見事に実を結びました。(クリ […]
  • 嬉しい贈り物 2019年6月16日
    嬉しい贈り物「息子さんからですよ」と懇意な配達屋さんが、15日(土)、雨の中、荷物を届けて下さった。早速、開け […]
  • お礼状のアジサイ 2019年6月7日
    お礼状のアジサイ雨が降りました。東京でも梅雨の入りが近いようです。物置とブロック塀の間に20㌢ほどの隙間があり […]

最近のコメント

PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.