ブログ

最初の公民館「東大和市立公民館」(後に南街公民館)

最初の公民館「東大和市立公民館」(後に南街公民館)  東大和市の最初の公民館は、昭和46年(1971)6月15日に開館しました。  「東大和市立公民館」(南街六丁目・老人福祉館の隣)です。  待ち望まれていた最初の公民館 …

東大和市立公民館の歴史

東大和市立公民館の歴史  東大和市の公民館の大まかな歴史です。  教育委員会は中央公民館と地区公民館あわせて、5館構想を定めました。  新堀地区に「新堀地区会館」が建設され、公民館事業が行われることになりました。  中央 …

夢と消えた武州鉄道

夢と消えた武州鉄道 昭和34年(1959)  ルートは確定しませんが、東大和市のほぼ真ん中を横に貫いて通る鉄道の計画がありました。  東京の三鷹市・吉祥寺から出発して、埼玉県の秩父市・御花畑に達する武州鉄道です。  吉祥 …

大和村役場の新築、奈良橋への移転

大和村役場の新築、奈良橋への移転  東大和市はこれまで村役場、町役場、市役所と次のように移動してきました。  ①高木神社東側(番組会所、連合戸長役場、大和村役場)  ②奈良橋(現在の奈良橋市民会館 大和村役場、大和町役場 …

昭和10年代の大和村

昭和10年代の大和村  昭和2年(1927)、村山貯水池が完成しました。丁度、金融恐慌にぶつかり、引き続いて、昭和5年(1930)世界恐慌が訪れます。  大和村は、旧村の移転という痛手を被り、ようよう新地域に落ち着いた時 …

RSS 狭山丘陵の麓で

  • だんだん少なくなる家族 2020年9月17日
    だんだん少なくなる家族古い画像を整理しています。こんなのに出会いました。(クリックで大)なにか気になります。暫 […]
  • 物忘れサポートノート 2020年9月2日
    毎日、夕刻になると、どこか、落ち着かなくなります。40年間以上続いた夕刻のウオークに出られないモヤモヤです。1 […]
  • 綿の花 2020年8月25日
    綿の花 久し振りで古い友達と会いました。 「お前のいい加減さには呆れる」 「・・・」 「狭山丘陵の麓での有様は […]
  • 赤蛙とくさ木の虫 2020年6月3日
    赤蛙とくさ木の虫 寛政4(1792)年、今から300年も前の話です。 5月25日、砂川の陣屋から当時の村に通知 […]
  • コロナと公園 2020年4月9日
    コロナと公園 2020年4月7日、コロナ対策緊急事態宣言がなされました。感染者も増加の一途で複雑な問題になりそ […]

最近のコメント

PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.