アジサイ・紫陽花
 
                             
 
梅雨どき、最も盛んに咲く花はアジサイ、
もともと、アジサイは日本原産であるが、
それが、一度ヨーロッパに渡り、
品種改良されてまた、日本に上陸したのが、
現在出回っているアジサイだという、
品種改良のうまい日本では珍しいことである。
 
                
 
アジサイは咲き始めてから、
花色がどんどん変化することから「移り気」、
花色のクールな印象から「冷酷」
花期の長さから「辛抱強さ」という三つの花言葉がある。
 
     
 
江戸時代、長崎に来日したドイツ人医師シーボルトが
「小滝さん」と呼んで愛した妻・楠本滝の名前からとり
「オタクサ」としてヨーロッパにに紹介したという。
 
                 
 
辛抱強く夫を愛し続けたお滝さんのイメージから、
 
「辛抱強さ」の花言葉がつけられたいう説もある。
 
                 
 
ボランティア花壇をはじめ道端に咲くアジサイを掲載した。