富士山と夕日と雲68

12月中旬、

今年も残りわずかとなった。

コロナ禍の恐怖と寒さが一段と厳しく、

外出を控えている筆者にとって、

ベランダから見える「富士山と夕日と雲」の

写真を撮ることが唯一の楽しみとなっている。

天気の都合で残念に終わることも多い。

12月10日、

印象に残る、凄い光景を目にした。

日没の約40分間に撮りつづけた

画像の中から13枚を選び

ストーリー風に編集して見た。

年末まであと2回の記事掲載を予定している。