富士山と夕日と雲69

 

12月22日は冬至である。

冬至は、太陽が最も南に低く傾き、

1年の中で昼の時間が短く、夜が一番長い日である。

筆者の居住する玉川上水駅前高層アパートのベランダからは、

夕陽が富士山に最も近ずく日である。

ブログを始めた8年前から撮りつづけてきた、

冬至前後の「富士山と夕日と雲」の写真の中から

13枚を選びストーリー風に編集しました。

冬至の日は冷酒を飲み、柚子湯に入る習慣があった。

現在まで、このような習慣を残している村や地域があるだろうか?