大まかな歴史の流れ・略年譜

 

 

Ⅰ大まかな歴史の流れ

1 地質
1東大和市は海の中にあった
2箱根や八ヶ岳が噴火した時の灰が積もっている(多摩ローム)
3古い多摩川が運んだ石ころが残されている(芋窪礫層)

2 先史
1旧石器時代
2縄文時代(じょうもんじだい)
3弥生時代(やよいじだい)

3 古代
1古墳時代
2東山道武蔵路・国府・国分寺建立の頃、豊鹿島神社の創建伝承
3多摩・入間の郡界
4平安時代

4 中世

中世1 頼朝の旗揚げ~鎌倉幕府の終焉まで
中世2 南北朝~室町幕府=足利氏~上杉氏
中世3 戦国時代=後北条氏~豊臣秀吉

5 近世

 

 

Ⅱ略年譜

1地質

・200~50万年前、東大和市は海の中

%e3%82%ab%e3%82%ad

マガキ
村山下貯水池堰堤工事中に発見されたカキ
・160万年前
・「新生代第4紀更新世前期」の地層からアキシマクジラの化石発見
・ヒノクジラ いずれも多摩川河川敷から発掘
・古多摩川が砂利を運んで来て積もった=芋窪礫層
%e8%8a%8b%e7%aa%aa%e7%a4%ab%e5%b1%a4
蔵敷熊野神社本殿付近で見られる芋窪礫層
古多摩川が運んで来て、狭山丘陵のもとになっている
・富士山が噴火する前の小御岳火山の噴火灰が積もった=多摩ローム層=狭山丘陵の上部
%e5%a4%9a%e6%91%a9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a0
芋窪鹿島台に露出してよく見える 多摩ローム

2先史

・2万年~1万年前 旧石器人が東大和市域にやってきた。鋭い石器で狭山丘陵や原で狩り。
空堀川のほとりでキャンプ(2万年~1万年)。
・1万年前~2300年前(3000年前説あり)縄文時代、狭山丘陵に家族が家を構え、土器と石器を使い分け、丘陵や原で狩り。
植物の根を掘り、実を採集して生活。中期には狭山丘陵の峰々は縄文銀座と云われるくらい賑わった。

・2300年前(3000年前説あり)弥生時代、米作りが始まり、集団で村を作る。
残念ながら東大和市域内では遺跡は見つかっていない。
所沢市では大きな集落をつくっている。

3古代

・谷ッに水田を営む集団が定着。

・慶雲4年(707)、豊鹿島神社創建の伝承。
・宝亀2年(716)、高麗郡建郡。

・725~750年代、武蔵国府成立。
・天平勝宝7年(755)、防人交代 防人の歌詠まれる。

・750年代、武蔵国分寺建立。
・天平宝字2年(758)、新羅郡建郡。
・天長10年(833)、多摩・入間郡界に悲田処を置く。

・村山党

 

4中世

(1)鎌倉時代

・狭山丘陵の峰に板碑、浄土教の世界が広まった。

・丘陵の谷ッに散住、郷村を形成、神社、お寺の創建が伝わる。

(2)室町・戦国時代

・武蔵野の戦乱の影響を受けながら、村人達は生活の基盤を定着。

・後北条氏の支配下に入り、八王子城と繋がり。

5近世(安土桃山、江戸時代)

・徳川家康が関東に入府。直後に直属家臣が配属されてきた。

 ・村切りによる近世の村が成立。
 ・玉川上水・野火止用水の開削。
  武蔵野台地は新田開発による畑作地と激変した。
 ・村人たちは野火止用水際まで一挙に新田開発を進めた。
  縦に細長い村が成立。
狭山丘陵の麓を親村として、1600年代末までには野火止用水際まで新田開発をして細長い村ができた(クリックで大)

狭山丘陵の麓を親村として、1600年代末までには野火止用水際まで新田開発をして細長い村ができた(クリックで大)

6現代(明治~平成)

(1)明治

 ・名主、組頭、百姓代に代わって近代の村が生まれた。

 ・明治末から昭和初期にかけて、村山貯水池の建設が行われた。

  貴重な水田を持つ古村が移転、水没した。

(2)大正

・大正4年(1915)村山貯水池敷地内の住民が移動を開始
・大正8年(1919)11月1日 大和村となる。(人口5.190人 戸数770戸)

(3)昭和

・昭和2年(1927)3月 村山貯水池工事完成
・昭和3年(1928) 多摩湖線開通(武蔵野鉄道多摩湖線)
・昭和8年(1933)10月1日 農村経済更生指定村となる

・昭和13年(1938)無人の南部地域へ、東京ガス電気工業(株)立地、南街成立。
・昭和14年(1939)東京瓦斯電気工業(株)が日立製作所と合併して日立航空機(株)を設立、立川工場となる
昭和19(1944)年5月1日、日立航空機(株)専用鉄道が開通・運用開始(後に、西武拝島線のもととなる)

 ・昭和20年(1945)工場への爆撃、壊滅、平和産業への転換。
 ・昭和31年(1956)2月24日、米軍大和基地が開設された。

 ・昭和30年代中葉から、公営高層集合住宅団地の建設、周辺の住宅地化、人口急増。

(4)平成

 ・平成の高層集合住宅団地の建設。
 ・近い将来、人口減が推定されている。
 この過程を皆さんと共に追い、語らいの場として行きたいと思います。
 「人と自然が調和した生活文化都市」を目指す東大和市、どのような歴史を積み重ねるのでしょうか。
 古い写真や古文書、是非お寄せ下さるようにお願い致します。
PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.