5近世・江戸時代2(東大和市の歴史・略年譜)

5近世(江戸時代2)

・1687(貞享4年)、第五代将軍徳川綱吉、生類憐れみの令。(『里正日誌』1p182)
  鷹狩り、休止。

蔵敷、内野家に伝えられる「生類憐れみ令」。「申し渡し」になっている。クリックで大

・1702(元禄15年)、たばこ禁令。(本田への栽培禁止・『里正日誌』1p211)
・1730(享保15年)、芋窪村の人々が芋窪新田(現立川市栄町周辺)を開発し、
          新田内への玉川上水の分水を願い出る。

新田開発区域内への玉川上水からの分水願い。
飲み水と畑地の水田化への提案をして、分水を願い出いる。クリックで大

・1600年代末に、狭山丘陵の麓から玉川上水・野火止用水際までの開発を終わらせ、
・玉川上水を越えた地に、新しい新田を開発(芋窪新田・現立川市栄町周辺)をして、
・玉川上水からの分水を求めている。
・高木新田(国分寺市内)の開発と合わせ、当時の村人の活動の姿が浮かぶ。

・1731(享保16年)、後ヶ谷村百姓44軒中32軒が食料がなく飢え、年貢が納められない。
  幕府に食料を貸して欲しいと要望。(『里正日誌』1p342)
・1733(享保18年)、薩摩芋の栽培始まる。
  「昨年種芋を下され、植え付けた薩摩芋の蔓が、ようよう生えてきた」と幕府に報告。
  (『里正日誌』1p350)
・1742(寛保2年)、芋窪村の村人に御犬養育料の返還請求がされる。
  この時代まで「生類憐れみ令」が影響している。

生類憐れみ令により、元禄12年(1699)頃から、村人が犬の養育をし、養育料を得ていた。宝永6年(1709)、綱吉没により、犬の養育が中止され、養育料を返すことになった。それが困難で、この年まで催促が続いていることがわかる。クリックで大

・1746(延享3年)、奈良橋村農道改連判状が残り、当時の古道の様子がわかる。
・1749(寛延2年)、奈良橋村から蔵敷村が独立したか?

奈良橋村から蔵敷村が独立した日時は「正徳年間」とされ不明確。「奈良橋村・蔵敷分」と扱われ、明治になるまで独立運動は続いた。この間、実際には「蔵敷村」が使われ、通用した。
クリックで大

・1761(宝暦11年)、猪や鹿の害を防ぐため、幕府に鉄砲の拝借願いを出す。
・1767(明和4年)、幕府から各村に郷蔵を建て、食料を備蓄せよとの命令が来る。
・1770(明和7年)、狭山丘陵周辺の村々が幕府に飢饉のため、
  食料を貸してくれるように願い出をする。
・1771(明和8年)、奈良橋、蔵敷、高木、清水、宅部、後ヶ谷、廻田村で、
  組合村をつくる議定書を定める。
  他村から来た変死人や行き倒れ病人の経費負担割を定める。
・1775(安永4年)、狭山丘陵で大がかりな猪狩り。
・1783(天明3年)、7月、浅間山が噴火。
・「飢饉で食糧が不足し、米価が高いから、藁(わら)で餅を作って切り抜けろ」
  という通知が来た。
・1784(天明4年)、天明の打ち毀し。箱根ヶ崎狭山池に集合、
  中藤村、高木村の豪商が打ち毀される。

天明の打ち毀しは狭山丘陵周辺と玉川上水周辺の一部の区域の村々で構成された。
三か村は37ヵ村とされる。クリックで大

・1788(天明8年)、「飢饉のための貯(たくわえ)に田螺(たにし)を拾い集めよ」
   の通知が来た。
・1800(寛政12年)3月、イノシシや鹿の害を防ぐため、鉄砲許可願いを出す。
   廻り田村、清水村、後ヶ谷村、高木村、奈良橋村、蔵敷分
・1805(文化2年)、幕府、江戸近郊の農村荒廃のため、関東取締出役を設置。
・1807(文化4年)、蔵敷村太子堂創建される。
・1807(文化4年)、浪人取り締まり組合が結成される。

浪人取締組合は狭山丘陵南麓の村々で構成された。 クリックで大

・1809(文化6年)、村山絣を創始。
  慶性院住職が薩摩織りの切れ端を持ち帰り、荒畑五郎兵衛妻シモが模織りを試み生み出す。

慶性院、荒幡家のあった村山下貯水池のかたわら(下堰堤)に村山絣のモニュメントが置かれている。クリックで大

・1819(文政2年)、清水村地頭浅井楯之助乱行。
・1822(文政5年)、蔵敷村で78人の餓え人発生、周辺村同様に飢饉。
・1827(文政10年)、勘定奉行・関東取締出役から、治安の乱れ取り締まりのため、
  寄場組合の結成を求められる。所沢寄場組合村を結成。
・1833(天保4年)、天保の飢饉始まる。

天保8年の飢饉状況、飢人率が80%に達した。クリックで大

・1834(天保5年)、芋窪村で子供相撲興行。
  狭山丘陵の村々に打ち毀しの張り札が出される。青梅、所沢、扇町屋などが対象。
・1837(天保8年)6月、桃の実ほどの雹(ひょう)が降る。
・1838(天保9年)1月、芋窪、中藤村裸参り50余人。芋窪太神楽、獅子舞。
 ・9月7日、敵討ち供養塔が建てられる。
  蔵敷村山王様の近くで敵討ちが行われ討った方の関係者が供養塔を建てた。

敵討ちの碑 蔵敷塚前墓地に 大乘妙典供養塔「助刀立会 同行□」の碑がある
クリックで大

 ・12月10日、蓮華寺火災。
・1843(天保14年)、疱瘡はやる。
・1845(弘化2年)、芋窪村で香具師芝居(やししばい・臨時に小屋を設けての芝居)。

 5近世(江戸時代3)に続けます。

 (2021.05.19.文責・安島)

 5近世(江戸時代1)

 5 近世  (江戸時代3)

 おまかな歴史の流れ・略年譜