Ⅰ大まかな歴史の流れ

 東大和市の大まかな歴史の流れを次のように分けて記しました。
 クリックすると記事になります。    

1 地質時代
1東大和市は海の中にあった
2古い多摩川が運んだ石ころが残されている(芋窪礫層)
3箱根や八ヶ岳が噴火した時の灰が積もっている(多摩ローム)

2 先史時代
1旧石器時代

2縄文時代(じょうもんじだい)
3弥生時代(やよいじだい)

3 古代
1古墳時代
2東山道武蔵路・国府・国分寺建立の頃、豊鹿島神社の創建伝承
3多摩・入間の郡界
4平安時代

4 中世
中世1 頼朝の旗揚げ~鎌倉幕府の終焉まで
中世2 南北朝~室町幕府=足利氏~上杉氏
中世3   伊勢宗瑞・氏綱~武蔵制覇
中世4  北条氏康・氏直~徳川家康

東大和市周辺を含めた略年譜中世

5 近世
近世1 江戸時代初期  地頭の来村、村切り、青梅道、鷹場
近世2 玉川上水・野火止用水の開削、細長い村
近世3 生産性の低い新田農間稼ぎ

近世4 荒れる村
近世5 幕末の緊張

6 現代
現代1明治 1明治の村
現代1明治 2村議会、自由民権、村山貯水池
現代1明治 3行政区分の変更

現代2 大正時代
大正時代の大まかな歴史の流れ
 村山貯水池の建設 大和村になる 

現代3 昭和時代

 農村経済更生村に指定される
 軍需工場 爆撃 平和産業 
 都市化 人口急増
 大和町になる
 東大和市になる

Ⅱ略年譜

 東大和市の歴史を簡単な年表にまとめました。
 クリックすると記事になります。

1地質

・200~50万年前 東大和市は海の中
・40~30万年前 芋窪礫層・多摩ローム層
・東大和市の地層・地形

・2万年~1万年前(旧石器時代)
・1万年~2300年前(3000年前説あり)縄文時代
・2300年前(3000年前説あり)弥生時代
 

3古代

・3世紀中頃~7世紀後半 古墳時代 諏訪山遺跡
・707年 豊鹿島神社創建伝承
・713年 多摩入間の郡界(村山貯水池北側)定まるか?
・725年~750年代 武蔵国府成立 「宅部」は何を意味するか?
・935年 将門の乱 西楽寺に藤原秀郷が戦勝祈念したとされる不動尊があったとの伝承

 4 中世

・1063(康平6)、御霊神社創建(村山貯水池に沈んだ宅部・内堀)。
・1112(天永3)、三光院創建(村山貯水池に沈んだ宅部)。
・1159(平治元)、円乘院創建。
・1214(健保2)、氷川神社(現・清水神社)創建。
・1294(永仁2)、現存東大和市最古の板碑(東大和緑地出土)。
・1333(元弘3)、元弘の変。5月22日・鎌倉幕府滅亡。将軍塚に元弘の板碑。
・1368(正平23 ・応安元)年、普済寺(立川市)で経典を出版。
  助縁者として「宅部美作入道貞阿」「高木二郎左衛門入道」が記載される。
・1403(応永10)年、応永10年銘五輪塔(蔵敷)。
・1407(応永14)年、正福寺地蔵堂(東村山市)創建。
・1439(永享11)年 、雲性寺堂宇建設との伝承。
・1457(長禄元)年、太田道灌が江戸城を完成。河越城、岩付城完成。
・1466(文正元)年10月3日、豊鹿島神社現本殿創建、都内最古の室町建築物。
・1558(永禄元)年、蔵敷熊野神社創建。
・1590(天正18)年、6月23日 、八王子城開城。8月1日、徳川家康江戸城に入る。
・1591(天正19)年5月、家康の直属家臣が狭山丘陵周辺に配属される。
  谷ッに散在する集落を区切り、芋窪、奈良橋、高木、後ヶ谷、清水の各村が成立した。

5近世
 
 
 
 

6現代(明治~平成)

(1)明治

・名主、組頭、百姓代に代わって近代の村が生まれた。

・明治末から昭和初期にかけて、村山貯水池の建設が行われた。

  貴重な水田を持つ古村が移転、水没した。

(2)大正

・大正4年(1915)村山貯水池敷地内の住民が移動を開始
・大正8年(1919)11月1日、大和村となる。(人口5.190人 戸数770戸)
・大正15年(1926)6月竣功銘の刻まれた橋柱がある。
  (大正は12月25日、大正天皇の崩御により、皇太子裕仁親王が皇位を継承して、即日「昭和」と改元される)

(3)昭和

・昭和2年(1927)3月31日、村山貯水池工事完成
・昭和3年(1928) 多摩湖線開通(武蔵野鉄道多摩湖線)
・昭和5年(1930)3月7日、小学校の制限外授業料の徴収について認可申請
・昭和5年(1930)12月20日、生活改善十項
・昭和8年(1933)10月1日、農村経済更生指定村となる

・昭和13年(1938)無人の南部地域へ、東京ガス電気工業(株)立地、南街成立。
・昭和14年(1939)東京瓦斯電気工業(株)が日立製作所と合併して日立航空機(株)を設立、立川工場となる
昭和19(1944)年5月1日、日立航空機(株)専用鉄道が開通・運用開始(後に、西武拝島線のもととなる)

・昭和20年(1945)工場へ米軍機の爆撃、壊滅、平和産業への転換
・昭和25年(1950)5月15日、青梅橋駅(現・東大和市駅)開業
・昭和29年(1954)5月3日、町制を施行し、大和村が大和町になった。人口13,052人 2,483世帯
    

昭和31年(1956)2月24日、米軍大和基地が開設された。

・昭和30年代中葉から、公営高層集合住宅団地の建設、周辺の住宅地化、人口急増。
・昭和34年(1959)、武州鉄道用地買収
・昭和37年(1962)、水涸れ、上水道布設計画決定
・昭和39年(1964) 9月、西武鉄道上水線、西武新宿まで直通運転開始

・昭和45年(1970)10月1日、東大和市となる。(人口45.902人 戸数13.264戸)

(4)平成

・平成の高層集合住宅団地の建設。
・近い将来、人口減が推定されている。
 
 この過程を皆さんと共に追い、語らいの場として行きたいと思います。
 
 「人と自然が調和した生活文化都市」を目指す東大和市、どのような歴史を積み重ねるのでしょうか。
 古い写真や古文書、是非お寄せ下さるようにお願い致します。