富士山と夕日と雲64

 

先月、10月中旬まで、

秋を忘れさせるような雨模様の天候がつづいていた。

18日の夕方になって、

空全体を覆い隠していた厚い雲が西山から切れ、

奥多摩の山稜線がハッキリするようになった。

長い間、姿を見せなかった富士山も現れた。

それから1時間あまり、

富士山を中心に「夕日と雲」の演出による、

想像を絶するような空模様を創り出した。

夕日に照らされた雲の色模様が刻々と変化し、

空全体が神秘的な光景に包まれたのである。

撮りつづけた写真の中から10枚を選んで、

時間の経過順にストーリー風に編集して見た。

 

実際に見た瞬間、瞬間の感動を表現しきれないのが残念である。

このような光景を、生涯、もう一度見られるだろうか?