攻めの媒体:通称どっとネットnavi

以前の記事( 東大和どっとネットとFacebookページの連携 )で、地域コミュニテイWebサイト・「東大和どっとネット 」が、地域情報の強力なニュースサイトであると紹介しました。

東大和どっとネットの会では、このサイトを核に「ネット時代のまちおこし」活動を進めています。そのためにはサイトの中身の充実と合わせて大きな伝える力(発信力)が必用だろうと考えています。

そこで、「待ちの媒体」であるWebサイト・東大和どっとネットに、「攻めの媒体」のSNSを絡ませる取り組みを進めています。

待ちの媒体:
東大和どっとネット

待ちの媒体(ブログ)の充実と攻めの媒体(今はFacebook)の戦略的(?)活用の試みです。7月、Facebookぺージ・東大和どっとネットnavi (通称:どっとネットナビ)がスタートしました。

Facebookぺージ・東大和どっとネットnavi 
👉 https://www.facebook.com/higashiyamato.netnavi

FacebookページはFacebook上のホームページであり、Facebookの個人ページとは異なる様々な使い方があります。また、複数人での管理と運用もできます。

 

豊富なコンテンツを持つWebサイト・東大和どっとネットの中から記事を選んで、それをシェア記事投稿でプレミアム版( どっとネットnabi )のサイトをつくる、という流れです。

記事はどっとネットのサイト内の各サブサイト、まちで遊ぶ、まちで暮らす、まちで学ぶ、公民館プラス、みんなのブログからそれぞれ選びます。「ネット時代のまちおこし」活動の主役がWebサイト・東大和どっとネットであることに変わりはありませんが、ブランドを構築することに長けた、どっとネットNavi が活動に加わりました。

Webサイト・東大和どっとネットの伝える力(発信力)の向上と、どっとネットブランドの構築、そして熱心なファンの囲い込み、そんなことにどこまで迫れるか、今年の「東大和どっとネットの会」の挑戦です!

待ちの媒体と攻めの媒体の組合せ