5/17「おとなの社会科」で、砂田さんから「蔵敷村」が
「奈良橋村」から分村したころの文書のお話を聞く。

 

『里正日誌』第2巻からの古文書を解説。
1749年(寛延二年)組頭3名、年番名主になる。

『里正日誌』第1巻1669年(寛文九年)の検地
蔵敷分26石余。明治初めまで年貢の基準となる。

IMG_20190517_152956-2.jpg

『里正日誌』はすごい。代々の杢左衛門さんありがとう!

IMG_20190517_140705.jpg