東大和市には下記の通り、東京都水道局の応急給水拠点が2カ所あり、震度6以上の地震で、東京都が判断して開錠されます。
●上北台浄水場 (常時使用可能水量  5,330トン)
●東大和給水所 (     〃       26,660トン、収納能力80,000トン)
(東大和給水所には、東大和市の人口約85,000人が3ℓ/1日消費するとして、
約100日分の常時使用可能水量があることになります。)
その2カ所において以下の参加団体による、「災害時の応急給水」作業が確認されました。
今回は工事車両などの為、応急給水装置の完全展開は出来ず、簡易給水装置のみの作業となりました。
詳細は下記資料をご覧(アップ願います)下さい。

191007給水訓練
トップページに戻る