毎日が「新現役」の仲間たち
ブログ

読書会・読書

中公新書『六国史』を読む

今年2月末の新刊。図書館に買ってもらった。三田へ行く車中で読了。 六国史のうち、7年かかって三田の講座で『日本書紀』30巻を終え、続いてただ今『続日本紀』40巻の巻第十聖武天皇の天平元年挑戦中。 六国史は読み切れない。『 …

シャーロキアンの年次大会

3月20日(日)は日本シャーロック・ホームズ・クラブの大会です。 全国から95名集まりました。会場は王子駅北口の「北とびあ」 コレクターたちの「お宝」と書棚の紹介。たまげました。 家の設計に、レール附き書棚5連を組み込ん …

チュツォーラ『やし酒飲み』

2月19日恋ヶ窪公民館のLC読書会で取り上げた作品。 ナイジェリアのチュツオーラが、ヨルバ族の伝承を小説にした。 文字がないので、ヘンな英語で書かれている。 荒唐無稽。課題作品でなければ絶対に読まない代物。 文字のないこ …

高橋裕教授の土木技師評伝

東京雑学大学新春講演の折、ご著書をいただいた。 台湾烏山頭ダム建設の八田興一技師も紹介されている。 一般向けの、こんなに読みやすいご本も書かれるんだ。 高橋裕先生は、東大名誉教授、2015年「日本国際賞」を受賞された。 …

ヘミングウエイとフォークナー

2月6日、7日の2日間、10時から5時過ぎまでの8コマ講座。 『武器よさらば』と『兵士の報酬』にみられる第一次世界大戦後のPTSD。 先生は米文学専攻で、心理学、法学まで修めたマルチな学者。 なるほど、ここまで読み込むの …

「司馬遼を語る会」が5号誌

会誌第5号を刊行、400円。司馬さんの『台湾紀行』にからんで 「八田興一」評価に観る「台湾人」のアイデンティティ昂揚を書きました。 直近の台湾政情に合わせたような寄稿になりました。 Mumbler

大久保長安研究の金字塔

たましんの『多摩のあゆみ』大久保長安特集号で気になっていた 『代官頭 大久保長安』揺籃社2013年を都立図書館から借りてもらった。 ここまでやるか という430ページの論考を集めた大著。 八王子の一般市民からなる「大久保 …

蘇我氏 再評価

揃いも揃って、12月にこの2冊が出た。 「古代豪族・・・」講義の加藤謙吉先生の推薦で 『蘇我氏』を図書館に買ってもらった。 その前に『蘇我氏の古代』も頼んであったのを忘れていた。 たまたま、2冊とも同日に到着。 ワルモノ …

『阿Q正伝・狂人日記』を読む

恋ヶ窪「LC読書会」1月課題作品がコレ。 久しぶりに14篇を読み直す。 1921年に書かれた「阿Q正伝」が断然光る。 毛沢東と中国共産党がフルに活用したよし。 Mumbler

『新しい須賀敦子』

没後8年というのに、おじさんたちは益々熱を上げる。 12月の新刊。図書館に買ってもらった。神奈川近代文学館「須賀敦子の世界展」の際の講演記録。 茗荷谷へ行く電車の中で読み終えた。(立ったまま) ギンズブルグ『ある家族の会 …

« 1 2 3 4 5 »
PAGETOP
Copyright © たまり場 「新現役」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。