今年度で5回目となる東大和市社会福祉協議会主催の、「東大和市災害ボランティアセンター設置・運営訓練」(災害ボランティア体験訓練)が、ハミングホールにて実施されました。センターは「東大和市地域防災計画」により、大規模災害の発生時、市と社協とが連携して、市民会館(ハミングホール)に設置することになっています。さらに社協は市と、「災害時におけるボランティア活動に関する協定」を締結し、「東大和市災害ボランティアセンター設置・運営マニュアル」(最新版:R1.11.1)を作成して、センターの円滑な設置・運営、災害復興を目指しています。
訓練には社協職員の他、東大和青年会議所、南街・桜が丘地域防災協議会、東大和障害福祉ネットワーク、高齢者ほっと支援センター、地域自立支援協議会、自治会関係者、(湖南地区4自治会など)、一般市民(2小PTAなど)、学生(都立東大和南高校、白梅学園大学など)、市職員(地域振興課、防災安全課)等、100名ほどの方々が参加し、熱のこもった訓練が行われました。詳細は下記資料をご覧(アップ願います)下さい。

200120災害VC設置・運営訓練
トップページに戻る