栄一丁目自治会第9回自主防災訓練は、「令和2年東京都地域の底力発展事業助成」の支援を受け、11月14日に同自治会地域内の参加会員宅及び四つ公園にて実施されました。
  本防災訓練は当初本年6月に実施予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大で中止され、その後「密にならない訓練内容」を検討しその結果として、以下の訓練を、
  ● 各会員の安否確認作業及び「黄色い旗」の各参加会員自宅に掲示確認
  ● スタンドパイプを使用した、緊急用簡易給水栓訓練
  ● 発電機起動、投光器点灯、和式便器展示
 東大和市消防団第七分団の団員の皆様のご指導して戴き実施致しました。当日は天候にも恵まれ自治会員約40名の参加があり、南街・桜が丘地域防災協議会本部から2名が参加して訓練の取材を行いました。詳細は下記資料をご覧(アップ願います)下さい。

201114栄一丁目自治会防災訓練
トップページに戻る