人の特にお年寄りの集まる場所として病院があります。
一種のコミュニテイーサロンにもなっています。
時に、「あの人このごろ見ないけど病気でもしてるのかしら」
こんな会話も交わされている。
 さて、中央通りの整形外科医院として人気がありいつも繁盛
していて待合室はいっぱいで立ったまま待っている患者がいる
のが常態となっているほどであった。
 そんな医院が閉院することになった。
院長先生一人で診察をしていて多分1日100人以上の患者を
診察していたと思う。
 その院長先生が、病魔に襲われ診療が不可能となり医院を
閉ざすこととなったらしい。
 医院の入口の閉院の張り紙を見て呆然としている老婦人が
いた。。
明日からどこかいい医院を探さないとと戸惑っている患者
が多いこととと思う。

閉院する整形外科医院


(菊花仙人)