品川までの乗車券
先日西武拝島線東大和市駅にてJR品川までの乗車券
を購入しようと思い料金を確認、550円とわかった。

自動販売機にて550円を入れて乗り換えボタンを高田の馬場を押した
が550円の切符は出てこない。490円までの切符しかない。駅員に
確認すると品川駅にて精算してくださいとのこと。

ICカードで改札口をスムースに通り過ぎ乗車すれば切符買う手間も
いらない。品川駅で改札もスムースに通ることが出来る。
しかし、いくらかかったかわからない。(改札口に表示されるものあり)
パスモまたは、スイカを使わないと品川駅にて精算することとなった。

交通系ICカードに慣れ親しいでいるとそのうち「切符」という言葉も死語
になりかねない。スイカがでてからもう19年になるそうだ。

キャッシュレス化についていけない
お買い物に現金を使わないで電子マネーやクレジットカードで支払い決済
する人が多くなった。ポイトを貯めてまた支払いに使える。
しかし、中国や韓国に比べてまだまだキャッシュレスが進んでいないこと
から国は、カード決済を40%にまでひきあげを目標にしているらしい。

仲間入り第一歩
さて、先日、友人達と都内の美術館に行った際、乗車券を買ったのは1人
のみ、改札を待ってもらうのに気がひけた。思い切ってパスモを買った。
モノレールで上北台から立川北は、乗車券320円、カードでは316円で
あった。