ブログ

玉川上水への通船3 分水口の改正 (水不足が生じてきたか?)

 通船の過程で、やがて、東大和市として大きな影響を受ける村山貯水池建設の要因ともなる東京の水不足を伝える出来事が見えてきました。 分水口の改正 玉川上水は江戸市中への飲料水の供給と共に武蔵野の新田開発をした各地へ飲料水や …

玉川上水への通船2 明治の通船開始

 明治の通船 1通船願い  江戸時代末期、商人、名主は玉川上水への通船を願い出ました。幕府も砂利運搬計画をもって上水への筏利用を図ります。この時期に明治維新を迎えました。地元の名主は、明治2年(1869)になると名を連ね …

玉川上水への通船1 江戸時代

明治の3年(1870)から5年(1872)までのわずかな期間でしたが、玉川上水に船を浮かべ物資の運搬が行われました。玉川上水は東大和市のすぐ近くにありながら、直接には接していません。しかし、 ・野火止用水の取り入れ口に近 …

変電所跡 その二 変電所の現状 外部 (東大和指定文化財「市史跡」) 

 東京瓦斯電気工業(株)、日立航空機(株)立川工場の基本施設が変電所でした。工場の近くまで高圧線で運ばれてきた高圧電流を低圧に変電して工場内に配電する施設です。  昭和20年(1945)2月17日および4月19日、24日 …

お目出度う ホームページ一新(東大和市)

 かねてからの予告のHPはどのように変わるのか!!  2017年12月1日、楽しみに訪ねました。 イントロページが目をひきます。  市の景観や行事、市民が左から右に動きます。  これが、売りのシティプロモーションのイント …

RSS 狭山丘陵の麓で

  • たぬき堀(胎内堀) 2017年12月11日
     東大和市になぜ村山貯水池がつくられたのか? この問題を解くために東京の上水について調べています。 当時の上水 […]
  • 幕末の江戸に外国人が 2017年12月8日
     明治の初めですが2年間と少しの間、玉川上水に船を浮かべて物資を運ぶ通船が行われました。 東大和市では蔵敷村名 […]
  • 微妙なバランス 2017年12月5日
     痛めた足も少し具合がよくなってきたらしく、しきりに外へ出たくなります。 思い切って家の前を歩いてみました。3 […]
  • お目出度う でも、これからが大変 2017年12月2日
     「○○さん、今度の市のHP、どう思われます?」 「イヤー、まだ全部目を通したわけではありませんが、変わりまし […]
  • 50年前の東大和 2017年11月30日
    本棚を整理していて見つけました。50年前、まだ大和町だった頃(1965年・昭和40)の『町勢要覧』です。開いた […]

最近のコメント

    PAGETOP
    Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.