ブログ

日立航空機(株)付属青年学校跡

 今では、想像も出来ませんが、画像の位置に「青年学校」がありました。昭和14年(1939)に日立航空機株式会社の工場の付属施設として設けられました。戦時中の教育施設です。全国から青少年が集められました。この学校で学び、戦 …

へびのステッキ(モニュメント)

 南街五丁目、道が十字に交差する角のそれぞれに公園があります。  栄(さかえ)公園と呼ばれます。その中の一角(画像右側)です。 すべり台や砂場、鉄棒があり、何よりも自然の地面であることが喜ばれます。 ここに、一体のモニュ …

つけ木受け取りメモ(モニュメント)

 向原四丁目、上仲原公園から用水北緑地を南方向に、あるいは、用水北通りから北に入って間もなく、緑地と道の交差する一隅に「つけ木受け取りメモ」はあります。 東大和市の説明 タイトル:つけ木受け取りメモ 場所:東大和市用水北 …

つけ木の受取りメモ(37)

 細長い村で茶摘み 東大和市がまだ芋窪、蔵敷、奈良橋、高木、狭山、清水の6つの村に分かれて、狭山丘陵の麓から野火止用水際まで、それぞれに細長い村であった頃の茶摘みの話です。   全くの農村で空堀川から南には、青梅橋の一角 …

板碑の集中埋納

板碑は単独、お地蔵様と一緒、覆屋の中・・・など、様々にまつられます。今回は東大和市内で江戸時代に集中して埋納されていた例を紹介します。 狭山の杉本林志氏が著した『狭山之栞』に次のように紹介されています。 「古碑図 以上の …

RSS 狭山丘陵の麓で

  • のど飴 2017年10月13日
     「○○さん、これは、気楽にのんびり直さないといけませんね」 懇意のお医者様から、さとされます。 アレルギー性 […]
  • ひっくり返して考える 2017年10月8日
     「おじさん、意外に知恵がないね」 「・・・・・」 「そういう時にはひっくり返して考えたらどうなります」 中学 […]
  • 泡幻、幻夢 2017年10月1日
     「お身内のお子さんですか」 「いいえ、全く関わりがありません」 「よくお手入れをされて・・・」 「供養ですか […]
  • 「宅部の円達坊」(やけべのえんたつぼう) 2017年9月17日
     昭和2年(1927)3月、村山貯水池(多摩湖)ができあがりました。 それから90年、多摩湖竣工90周年記念事 […]
  • 今年も実った多摩湖梨 2017年9月5日
     「ほら、持ってきたわよ」 「あら、ご本人が来たの、ご丁寧に」 「ともかく食べて、長生きしてよ」 気さくに連れ […]

最近のコメント

    PAGETOP
    Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.