ブログ

ばばあのふところ

ばばあのふところ  東大和市の微笑ましい地名の一つに蔵敷の「姥の懐」(うばのふところ)があります。地元の古老はざっくばらんに「ばばあのふところ」とも呼びます。  青梅街道の蔵敷バス停から西へ約50メートル、防火貯水槽のあ …

貯水槽になった弁天池

貯水槽になった弁天池  狭山丘陵の懐に住む村人にとって、裾野の湧き口からこんこんと湧き続ける清水は宝物でした。  ほとんどの旧家がその水を日常的に利用できる位置に建てられています。  奈良橋交差点から青梅街道を西に向かい …

植物画を描く

植物画を描く  狭山丘陵に咲く花から園芸植物まで  11月3日(土・祝)~12月2日(日)  郷土博物館企画展示室 岸和夫氏と受講生の作品を展示  野草教室、バードウオッチング (2018.10.13.記) 東大和市立郷 …

旧吉岡家住宅 秋の公開

国の登録有形文化財  旧吉岡家住宅 秋の公開  2018年10月26日(金)~28日(日) ①吉岡幸雄氏の講演会   テーマ 吉岡堅二の人物像や染色 ②文化財ボランティアによるガイド  が行われます。 (2018.10. …

東大和市域の属した「郷」は、そして「郡界」は?

東大和市域の属した「郷」は、そして「郡界」は?  東大和市域の北側は東京都と埼玉県の境です。これがどのようにして生まれたのかの謎解きです。  武蔵国の成立にともない、国郡制のもと、7世紀から8世紀初めにかけて地方制度が整 …

RSS 狭山丘陵の麓で

  • ばばあのふところ 2018年10月14日
    ばばあのふところ 東大和市の微笑ましい地名の一つに蔵敷の「姥の懐」(うばのふところ)があります。青梅街道の蔵敷 […]
  • 西楽寺の不動明王 2018年10月10日
    西楽寺(さいらくじ)の不動明王 東大和市に直接伝わり、日常的に誰もが聞いている話ではないのに、猛烈に興味を引く […]
  • トロロアオイに迎えられて 2018年10月1日
    トロロアオイに迎えられて 「お帰りなさい」 「無事、戻ってきました。いよいよ咲き始めましたね」 「今年はなんと […]
  • 明治時代の東大和 2018年9月19日
    明治時代の東大和  東大和市郷土博物館企画展示 2018年9月15日~10月21日 楽しみにしていた「明治時代 […]
  • 五日市憲法草案の原本が見られます 2018年9月12日
    五日市憲法草案の原本が見られます 東大和市立郷土博物館 9月21日(金)、22日、22日(土)、23日(日)2 […]

最近のコメント

PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.