ブログ

円乗院

円乗院 所在地 狭山三丁目 1354番地 新義真言宗、智山派。本尊・不動明王。 愛宕山医王寺圓乘院東円坊。 狭山丘陵の中腹に位置する平安時代末期の創建を伝えるお寺です。 市内の寺院の多くが武蔵村山市中藤の真福寺末ですが、 …

円乗院7-2 本堂左側の石造物

円乗院7-2 本堂左側の石造物 円乘院本堂左側に石造物が並んでまつられています。元禄7年(1694)の地蔵尊は東大和市内で二番目に古い地蔵尊です。 二つの石灯籠があります。いずれも神様と仏様が一緒に信仰されていた神仏習合 …

殉国産業戦士供養塔(円乗院7-1)

殉国産業戦士供養塔(円乗院7-1) 円乗院の本堂左奥には、忘れてはならない第二次世界大戦中に係わる供養塔の一つがあります。千体地蔵尊に見守られるようにまつられています。現在の桜が丘、立野地区に起こった痛ましい戦争の犠牲に …

円乗院7 本堂左側

円乗院7 本堂左側 円乘院本堂左側地域には千体地蔵尊他多くの石造物がまつられています。 特に、江戸時代初期の地蔵尊、神仏習合時代の灯籠もあり、円乘院の歴史を深く語りかけます。 宗祖弘法大師1150年諱(き)供養に弘法大師 …

円乗院6 本堂

円乗院6 本堂 鐘楼門からの参道を直進すると本堂への石段があります。 本堂にはこの寺の歴史を語る多くの仏様が居られます。 現在は不動尊を本尊としますが、当初は薬師如来で、寺伝によれば次のような経過を経て現在に到りました。 …

RSS 狭山丘陵の麓で

  • もうサクランボが 2018年4月12日
     西武拝島線玉川上水駅北にある桜が丘緑地です。(クリックで大) 「ママー、なんかイッパイ落ちてる」 「ダメよ、 […]
  • けもの道(獣道) 2018年3月24日
    (クリックで大) 「人の歩く道ではありませんね。でも何かが通っています」 「・・・・」 「ケモノミチなんです」 […]
  • 催花雨 2018年3月20日
     「今日みたいな雨って、催花雨を使っていいのかしら・・・」 「菜種つゆ、よりはぴったしだね」 「東京の桜の開花 […]
  • お地蔵さん、馬頭さんにぶちまけました 2018年3月14日
     「こんな馬鹿かなことがあるの・・・」 「普通では考えられないね。まして最も厳しいはずの組織だからね」 「忖度 […]
  • 小さなおひな様 2018年3月3日
     「良かったわね、今年も飾れて・・・」 「本当! 何かとよろしくお願い致します」 「よしなさいよ、神様や仏様じ […]

最近の投稿

最近のコメント

    PAGETOP
    Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.