ブログ

東大和市中世の神社と寺院

東大和市の中世、狭山丘陵に板碑が建立されました。その一方で、谷ッを中心に集落が形成され、神社や寺院の創建が進みます。その位置関係は下図の通りです。 東大和市内中世の神社、寺院の創建関係の記録、伝承は次の通りです。 ・豊鹿 …

内堀部落の女堰

 内堀の集落が村山貯水池に沈んで90年になります。その集落の様子を『東大和のよもやま話』が手際よくまとめています。  「多摩湖に沈んだ部落の中に「内堀」と呼ばれる三十八戸ほどの部落がありました。 北と南には松林の多い小高 …

出ば出ろ(宅部の円達坊)

昭和2年(1927)3月、村山貯水池(多摩湖)ができあがりました。 それから90年、多摩湖竣工90周年記念事業が話題になっています。 誰もが美しいと感嘆の声を上げる村山下貯水池取水塔に近い場所での伝承です。 「かって、村 …

子抱地蔵尊

奈良橋庚申塚墓地に子抱地蔵尊があります。 墓地入り口から右手数体の石造物がまつられれている中の一体です。 画像はいずれもクリックで大きくなります。 文化4年(1807)、「女念仏講中」がまつりました。 村山貯水池に沈んだ …

給水塔のあった場所

2001年まで、日立航空機工業(株)変電所跡の前に立つと左側に給水塔が建っていました。 変電所跡とともに、給水塔は太平洋戦争で爆撃を受けた際の弾痕を残す貴重な戦跡でした。 変電所跡は保存され、給水塔も保存を願ったのですが …

RSS 狭山丘陵の麓で

  • 「宅部の円達坊」(やけべのえんたつぼう) 2017年9月17日
     昭和2年(1927)3月、村山貯水池(多摩湖)ができあがりました。 それから90年、多摩湖竣工90周年記念事 […]
  • 今年も実った多摩湖梨 2017年9月5日
     「ほら、持ってきたわよ」 「あら、ご本人が来たの、ご丁寧に」 「ともかく食べて、長生きしてよ」 気さくに連れ […]
  • 酒の肴 2017年8月31日
     「今日はリュックで行って」 交通事故から足の具合が回復しない連れ合いが買い物に行く合図です。 野菜だな。油か […]
  • 昔のお産 2017年8月20日
     「こんなことが本当にあったんですか?」 「信じられない!」 「人権問題だ」 「もっとひどいところもあったって […]
  • 暑さお見舞い 2017年8月9日
     暑いばかりでなく、続く不自然な自然現象に何かを考えさせられる日が続きます。 古いアルバムから、西芳寺を見つけ […]

最近の投稿

最近のコメント

    PAGETOP
    Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.