近世

蔵敷高札場(東京都旧跡)

蔵敷高札場(東京都旧跡)

大まかな歴史の流れ・略年譜 5 近世
近世1 江戸時代初期  地頭の来村、村切り、青梅道、鷹場
近世2 玉川上水・野火止用水の開削、細長い村
近世3 生産性の低い新田、農間稼ぎ
近世4 荒れる村

村に地頭がやってきた

村に来た地頭様

江戸へ石灰を運ぶ道(最初の江戸街道・青梅街道)

  奈良橋庚申塚

 蔵敷庚申塚

 清水庚申神社

玉川上水・野火止用水

 東大和市と玉川上水・野火止用水との関わり

 玉川上水・野火止用水の東大和市周辺の現状

 玉川上水の開削の背景、ルートは

細長い村ができた

駄賃稼ぎ(だちんかせぎ)

地頭の乱行と箱訴

江戸時代の村の人口(蔵敷村 安永9年・1778~明治2年・1869)

  天明2年(1782)~天保12年(1841) おんじー

 天明3年(1783)藁餅(わらもち)で飢饉を切り抜けよ

   文政年間(1818~1829) 飢饉で子供が産めなかった

 文政4年(1821) 稗と粟が主食だった

   天保年間(1830~43) 天保の飢え人

  天明8年(1788) 飢饉の貯えに田螺を拾へ

八州廻りと浪人取締組合の設置(文化4年・1807)

大がかりな所沢寄場組合(八州廻り・文政の取締改革)

幕末の村の名主様(安政2年・1855)

玉川上水への通船1 江戸時代

強盗二人打ち殺しのこと(慶応4年・1868 閏4月16日)

 馬頭観音をまつった背景

PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.