ゴミ分別

街がゴミになる
紙類、布類の資源ステーションにゴミが分別してないため収集されずに残っているゴミ袋が、置かれたままになっている。ゴミ袋の表に「分別してください」と注意書きがある。出した人が、気がつかないのか、誰かが分別するだろうとそのまま放置されたまま約1ヶ月が過ぎた。そんなゴミ袋が三個になった。
このゴミ袋は、出した人が気がついて持ち帰り分別して出し直すだろうとしばらく見守った。しかし、2週間、3週間と経ってもそのまま、しかも1個が2個になり、今朝見たら3個になっていた。このままだとステーションの近くの人は迷惑する、また、このまま放置すれば街はゴミだらけになってしまう。
誰にも見られないように、朝5時にその3個のゴミ袋を分別して該当する収集日に出そうと自宅に持ち帰って保管している。

投げ捨てのゴミ
歩道や小公園、空き地などにごみを無謀に捨てる人が絶えない。そんなゴミを一人で定期的に拾い集めて処分している環境に熱心なOさんの勇気に頭が下がる思いだ。街を思う気持ちの熱情はどこから出てくるのだろうか。気がついても、思っていても実行する(やってみる)勇気(動機、使命、義務、)が分かれ道となる。
集めたゴミの処分をどうしているか。無論、分別して可燃ごみなどは、有料のゴミ袋に入れて収集日に玄関先に出す。容器包装プラチックゴミも有料のゴミ袋に入れて出す。これは年間にしたら相当な金額になるはずである。

三個のゴミ袋の中身
三個のゴミ袋の分別してない理由を分解するため、ゴミ袋を開けてみた。
一つ目は、資源ゴミのペットボトルが10本ほど入っていた。キャップ、ラベルをはずし中をゆすいであった。ただし、1本の洗剤の容器が入っていた。これはブーである。容器包装プラスチックに分別される。
二つ目は、資源ゴミの布類として出された衣服類のほかに布のバッグが2個入っていた。このバッグもブーである。これは、可燃ゴミに分別される。
三つ目は、これは、外国から取り寄せたと思われる薬品か化粧品でプラスチックの容器に中身も入ったままのものに紙くずや古くなった革製品と一緒に入れられていた。これは、どう処置(分別)していいか迷っている。
                                     ゴミ分別及び収集日

Follow me!

前の記事

お蚕盆