センダンとムクドリ(東京都立東大和南公園)

センダンとムクドリ(東京都立東大和南公園)
 
 東京都立東大和南公園の東南隅から公園に入ったときです。
 頭に何かつぶつぶしたものが落ちてきました。
 「なんかおっこってきた」
 「私にもぶつかった」
 何だろうと探しました。
 

センダンの実

(クリックで大)

 沢山の実が散らばっています。
 「これ、センダンの実でしょう」
 「確かにそうだ」
 と、上を見上げました。
 

クリックで大)

 見事に実っています。
 

(クリックで大)

 「これスゴイね」
 「ちぃっとも気が付かなかった」
 「でも、風もないのにね」
 と首をかしげたときです。
 

(クリックで大)

 バサバサッと音がします。
 「あら、鳥だ」
 「ムクドリだ」
 「そうか、ムクちゃんが落としたんだ・・・」
 

(クリックで大)

「他にも、いっぱい居るぞ」
 

(クリックで大)

「仲良く夫婦かな・・・?」
 

(クリックで大)

「何で一枝にあんなに止まってんだろう」
  大急ぎで数えると、一枝に7羽もいます。
「ここに居れば、うるさがられないだろうし・・」
「でも、糞を落とさないでよ」
 
 コロナ禍、自粛しながらのウオーク、公園の木々は確実に春に向かっています。
 鳥たちにも楽園のようです。
 花の咲くのを楽しみに待ちます。
 
  (2021.01.15.記 文責・安島)