ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 東大和の歴史

東大和の歴史

東大和市域の属した「郷」は、そして「郡界」は?

東大和市域の属した「郷」は、そして「郡界」は?  東大和市域の北側は東京都と埼玉県の境です。これがどのようにして生まれたのかの謎解きです。  武蔵国の成立にともない、国郡制のもと、7世紀から8世紀初めにかけて地方制度が整 …

将門の乱と西楽寺の不動明王像

将門の乱と西楽寺の不動明王像  東大和市に平将門(たいらのまさかど)の乱に関わる伝承があります。乱との直接の関係は薄いのですが、村山貯水池に沈んだ西楽寺(さいらくじ)の不動明王像です。  西楽寺は、かっての後ヶ谷村(うし …

廻田谷ッ東遺跡

廻田谷ッ東遺跡  歴史って楽しいです。  特に古代から中世にかけての遺跡探しは胸を躍らせます。東大和市でも話題が沸騰したことがあります。  2001年7月15日、東大和市内で最初の中世遺跡かと胸をとどろかせる発掘がありま …

連合戸長役場跡(東大和市高木 明治17年・1884)

連合戸長役場跡(東大和市高木)  高木神社・塩釜神社の正面向かって右側に、土蔵と社務所があります。この地には、明治の頃、市役所の原型とも云える「番組会所」(明治6年)、「連合戸長役場」(明治17年)、「組合村役場」(明治 …

狭山村(さやまむら)の誕生(東大和市・地租改正・明治8年)

狭山村(さやまむら)の誕生(地租改正・明治8年)  狭山神社周辺から霊性庵、東邦団地、西武団地、村山貯水池一帯が狭山村をつくった旧地です。  貯水池に沈んだ地域に「宅部村」、丘陵の谷ッに「後ヶ谷村」がありました。  明治 …

戸籍の編製と戸籍区(韮山一ノ区など)

戸籍の編製と戸籍区(韮山一ノ区など)  明治4年(1871)4月5日、明治政府は「府藩県一般戸籍ノ法」を公布しました。いわゆる明治の壬申(じんしん)「戸籍」です。  これまでの宗門人別帳(しゅうもんにんべつちょう)よる村 …

明楽寺の番組会所と神奈川県所属(明治4年)

明楽寺の番組会所と神奈川県所属(明治4年) 高木神社・塩釜神社の社殿の東側です。社務所との間に土蔵があります。 目立ちませんが、東大和市の明治初期を象徴する貴重な歴史遺産です。 ・独立性の強い七つの村が集まって、現在の東 …

相次ぐ蔵敷村・小川村寄場組合の成立

相次ぐ蔵敷村・小川村寄場組合の成立(明治2年・1869~3年・1870) 1県が所管する村の管轄替え  明治2年から4年にかけて、またまた、村人達は所属県の騒動に巻き込まれます。県が所管する村の管轄替えです。  東大和市 …

明治時代の東大和 東大和市郷土博物館企画展示

明治時代の東大和 東大和市郷土博物館企画展示  2018年9月15日~10月21日  楽しみにしていた明治時代の東大和、行ってみました(2日目)。  東大和市立郷土博物館1階の展示会場です。  入り口右側に椅子が置いてあ …

大がかりな所沢寄場組合(八州廻り・文政の取締改革)

大がかりな所沢寄場組合(八州廻り・文政の取締改革)  当初は、村人達の反発もあった八州廻りは、費用や協力体制の上から、次第に定着します。そして、狭山丘陵の南麓には、文化4年(1807)、早々と浪人取締組合村が設置されてい …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.