ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 東大和の歴史

東大和の歴史

樫の木の碑

樫の木の碑  都立東大和南公園グラウンド南西角の林の中に、「樫(かし)の木の碑」があります。  あまり目立たないので、多くの人が見過ごしてかわいそうです。  この碑は、昭和39年(1964)、大和町から米軍大和基地に樫の …

井戸の水がなくなり  米軍大和基地の給水車から給水

井戸の水がなくなり  米軍大和基地の給水車から給水      昭和37年(1962)3月、地下水の水位、流路の関係でしょうか?  町のあちこちで、井戸の水がなくなり、飲み水も汲み上げることができなくなりました。  「村山 …

米軍大和基地との交流

米軍大和基地との交流  昭和31年(1956)2月24日、米軍大和基地は開設されました。  町内では基地開設に至る間は反対運動が強まりました。  それだけに、開設後は町民と米軍基地関係者の間が円滑で友好関係が保たれること …

大和町日米連絡協議会

大和町日米連絡協議会  米軍大和基地が開設(昭和31・1956年2月24日正式開設)される事が決まりました。  町の人々は、米兵と地域の関係、基地の周りに、バーやナイトクラブなどができ、どうなるのかと心配しました。  そ …

砲台用ケヤキ運搬のため道普請をせよ

砲台用ケヤキ運搬のため道普請をせよ  ーペリーが去った直後の江戸湾の警備と村ー  幕末の日本を大きく変えたペリー来航です。嘉永6年(1853) ・6月3日、真っ黒な船体に蒸気を吹き上げて江戸湾に姿を現し ・6月9日、久里 …

黒船来航と村(嘉永6年)

黒船来航と村(嘉永6年)  泰平の眠りをさます上喜撰(じょうきせん 蒸気船)    たった四はいで夜も寝られず  黒船来航を機に江戸市中で、はやったという川柳です。上喜撰はお茶で、4はいと4隻がかけられて、当時の皮肉な状 …

清水上砂台遺跡(旧石器~縄文時代)

清水上砂台遺跡(旧石器~縄文時代)   「清水上砂台遺跡」は2万年から4500年前(先史時代=旧石器・縄文時代)の東大和市内で代表的な遺跡です。  空堀川の古い時代の位置を示す河原の跡や石の槍、カッターナイフ、石焼き料理 …

諏訪山遺跡(縄文時代中期)

諏訪山遺跡(縄文時代中期)  東大和市の先史時代を語る代表的な遺跡の一つに諏訪山遺跡があります。限られた一部の発掘でしたが6軒の家の跡、5つの窯の跡、たくさんの土器片、石器が見つかりました。縄文時代中期、今から5000年 …

東大和市に古代からの人が定着する様子

東大和市に古代からの人が定着する様子  東大和市に古代から中世にかけて人々が定着する様子を追っています。多くの場合、狭山丘陵につくられた谷ッに見られそうです。その中から一例として「廻田谷ッ」(めぐりたやつ)を紹介します。 …

幻に消えた村山軽便鉄道2

幻に消えた村山軽便鉄道2  さて、いつ出来るのか? 村人達、村山貯水池建設関係者は最大の関心事として見守ったことでしょう。こうして調べている者も気をもみます。  ところが、ところがです。どうしたことか、免許が下付された同 …

1 2 3 18 »
PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.