豊鹿島神社1
豊鹿島神社全景

豊鹿島神社全景

 祭神 武御加豆智命( 武甕槌神 たけみかづちのみこと)
 東大和市内で最も古い創建の伝承(慶雲4・707年) を持ちます。
 現在の本殿は、文正元年(1466)の創建棟札を残し、東京都内で最古の室町神社建築物です。
 東京都有形文化財(建造物)に指定されています。
豊鹿島神社表参道 前面は青梅街道

豊鹿島神社表参道 前面は青梅街道

  東大和市の北西部・芋窪一丁目、青梅街道から狭山丘陵に向かって表参道があります。
 長い参道の脇には、維新の象徴「郷社 豊鹿島神社」の石碑、自由民権運動の集会が開催された跡、大欅、モニュメント「ふくろう」など、話題性がある事柄が並びます。
豊鹿島神社社殿

豊鹿島神社社殿

 参道正面の石段(男坂)を登ると、地元で「かしま様」と親しまれる社(やしろ)が、がっしり鎮座しています。
 江戸時代には朱印十三石が給せられました。
  手前から、拝殿・弊殿・本殿で構成されます。
 中には祭神、都内最古の室町神社建築本殿、棟札、狛犬、獅子頭・・・
 など歴史の豊かさを示唆する事柄がいっぱいに詰まっています。
豊鹿島神社拝殿

豊鹿島神社拝殿

 拝殿からは本殿を拝することができます。
 (2014年9月27日 撮影許可を受ける)
豊鹿島神社奥の宮への路 境内社

奥の宮への路 境内社

  社殿の北側には、境内末社(八社)が祀られています。
 さらに、二社の境外摂社があります。
 地域的には、下図の通り、南に要石、北に奥の宮を構えます。
 狭山丘陵と武蔵野の原を包み込む神社であることがわかります。
石川の里と武蔵野台地

石川の里と武蔵野台地

豊鹿島神社はいつ創建されたのでしょう?
 
豊鹿島神社沿革(出典 武蔵名勝図絵)

豊鹿島神社沿革(出典 武蔵名勝図絵)

 神社に置かれたパンフレットは、上図のように沿革を記します。
鹿島大明神棟札 

鹿島大明神棟札

   本殿の創建を証する貴重な棟札が平成5年(1993)、本殿改修工事の際に発見されました。
棟に和釘で留められた状態であったことから創建時のものとされます。
 「文正元年」(1466)の年号と「武州多東郡上奈良橋郷」の記載があります。
 応仁の乱前年の複雑な関東騒乱の最中に創建されたことがわかります。
 加えて、所在地が「上奈良橋郷」と呼ばれる地域であったことを示します。
%e5%a5%88%e8%89%af%e6%a9%8b%e9%83%b7
「上奈良橋郷」は従前、狭山丘陵周辺の中世の郷村としては知られていませんでした。
創建年代「文正元年」、所在地「上奈良橋郷」は東大和市周辺の歴史を紐解く鍵を秘めています。