東京ガス電気工業(株)の工場と社員施設

昭和13年(1938) 大和村縮図 赤点に工場群と福利施設群が建設された クリックで大

 鉄道の駅がない、人家も一つもない、一面畑の中に、工場の建設は急ピッチで行われました。突貫工事と呼ばれその様子は次の通りです。
・昭和13年(1938 )5月1日、地鎮祭・給水塔完成
・昭和13年(1938 ) 10月、工場の一部完成
 第一回先遣隊来村、まだ、社員宿舎などが未完成のため

 当時の大和村や砂川地区の農家の蚕室などを宿とする

・昭和14年(1939) 3月末、工場完成
・昭和14年(1939)6月1日、陸軍航空本部との間で、増産要素を含め生産規模を決定
・昭和15年(1940)5月、社宅 554戸、独身寮が完成

◎入居時は各戸への水道配管が未了で、共同蛇口、飲料水は特別配給
◎街灯がなく、同型の家が並ぶため家を間違えることが多かった

と伝えられます。

工場と社宅・福利厚生施設の一体整備

職住近接計画 図の通ままの位置ではないが、多くが実現された クリックで大

 刻々と進む工事現場ですが、一方で、この建設は独特でした。

当時としては珍しく、図のように工場群と社員・工員の住居部分を地域的に区別しました。

居住区域には、病院、運動場やテニスコート野球場、映画館などの福利施設が計画されました。

これらを一体にして整備をする計画で、ジ-ドルング手法と呼ばれていました。

 中央に走る道が現在の桜街道です。南(下部)が工場群で、北(上部)が社員、工員の住宅、福利関連地域です。

東大和市史は地域社会計画として次のように紹介します。

「・総坪数十万坪 ・工場五万坪・福祉地区五万坪
 ○社宅・寮 ○物品販売所 ○郵便局 ○診療所 ○映画館 ○幼稚園
 ○共同浴場 ○スポーツ施設・給水塔
・給水塔からは工場、社宅などへ上水道によって給水
・社宅 社員は一戸建 浴室付
   工員は二戸建(日立航空機になって四軒長屋に変更)
・住宅総数 五五四戸

・独身寮=親和寮(職員) 純和寮(女子) 明和寮(準職員) 温交寮(製造) 青年学校寮」

爆撃で工場群は破壊されたが、社宅、福利施設などは居住者や企業者に払い下げられた クリックで大

 昭和20年(1945)米軍の爆撃で工場群が破壊され、計画はストップされましたが、当初の計画は生きていたことがわかります。

実質的には、この構想は、東京ガス電気(株)から日立航空機(株)へと経営が代わる中で一年で修正されます。しかし、下図は終戦当時の南街の住宅と福利厚生施設の概略図です。

現在の南街地域を細かく見るとその名残が残され、制限される中で、様々な施設がつくられていたことが偲べます。

 村人達は目を見張ることが多かったようです。その傍らで、狭山丘陵南麓の清水では、狐に化かされて空堀川の中を歩き、工場現場までさ迷った「娘っこに化けた狐」の話が伝えられます。

町の出現については次回に続けます。

(2017.07.20.記)
東京瓦斯(ガス)電気工業(株)から日立航空機(株)立川工場へ