かって田用水であった二つ池、現在公園となり、モニュメント「ごはん塚」が浮かぶ クリックで大

通り行く人は、おおむね立ち止まり、これは何だ?と話題になる。クリックで大

 狭山丘陵の小さな谷戸の一つ、廻田谷ッの奥に、二つ池があります。湧き水を利用した江戸時代からの田用水の溜め池でした。
 現在は周辺が宅地化され湖畔二丁目にあって、二つ池公園となっています。

 ここにおやッと目をひくものが浮かんでいます。ウオークする人、ザリガニを追う子供達、みんなに不思議がられます。

 

何を象徴するのか? クリックで大

 モニュメント ごはん塚です。
 説明板があって
 場所:東大和市二ツ池公園
 設置日:平成5年3月27日
 材質:アルミ、ステンレス
 サイズ:H2500×W2500×D2500センチメートル
 (作品紹介)

 「今は、多摩湖の湖底に沈んでしまいましたが、内堀と呼ばれていた地にこさ池という池がありました。その池は、歌枕に残る「狭山の池」とも言われている池で、この辺では最も大きく、田を潤す農業用水として長い間人々に使われていたそうです。

 このこさ池には、昔、新田義貞が、鎌倉を攻めた時にこの付近に陣を布き、こさ池の水を汲んで、ごはんを炊き、軍勢に食べさせたということです。食べさせた場所は、こさ池に近い山の上で、「ごはん塚」といわれ、当時の伝説にまつわる塚があったそうです。」

 と書かれています。

 新田義貞の鎌倉攻めと「こさ池」「ごはん塚」については、『東大和のよもやま話』の「こさ池とかゆ塚」をご覧ください。

(2017.08.11.記)22