昭和33年(1958)当時の大和町高木の道筋 クリックで大

 自動車の往来がなく、道路がおもに人が歩く場所だった頃のことです。曲がり角や道筋が三角形に交差するところがありました。そこには、こんもりした塚があって、お地蔵さんや馬頭観音、時には幣束(へいそく)がまつられていました。

左図は昭和33年(1958)当時の大和町高木の道筋です。多くの所にY字形に交わる箇所がありました。

そんな場所での出来事です。『東大和のよもやまばなし』は、次のように伝えます。

 「Y字形の三角辻には悪い神様がたくさん集まっていて、通る人やそこに住む人になにかとわるさをするものだ、と昔から言われていました。これを「辻しようげ」と言っていました。ですから三角辻は利用価値が低く、たいていは石仏、石塔などが建っていたり、捨て場になったりしたものでした。

一年間の厄払いをした幣束やご用済のお札が捨てられていて、風雨にたたかれてとけかかり、なにやら陰湿な雰囲気をかもし出していました。夕暮時の辻はことさらにうす気味悪く恐しいものでした。

「辻しようげにたかられるといけないから、辻は足早に通りなさい」

 と常日頃、母親にいわれているので子供達は、たかられないうちにと目をつぶって一目散に駆けぬけました。それでも運が悪いのか、神様の気に入られたのか、中には「しようげ」にたかられて虫を起したような状態になって、親をびっくり仰天させたものでした。

五日市に、たかった「しようげ」を抜いてくれる人がいましたので、そんな時は早速、自転車の荷掛に子供を乗せて連れていきました。三十代の男の人で、特に祈祷を職業としているわけではないのですが、効き目がると評判でした。数珠(じゅず)をかけて何やら云いながら拝むと不思議に「しょうげ」が抜けて、また元気な子供に戻ったものでした。」(『東大和のよもやまばなし』p47~48)

現在の蔵敷庚申塚

 今では道幅は広がり、真っ直ぐになって、歩道にガードパイプが当たり前になりました。その代わり、石仏や石塔は神社やお寺にうつされて、幣束も見ることが出来ません。

そして、しょうげの話はなくなりましたが、いくつかの三角辻があり、歴史が刻まれています。 その一つとして、蔵敷の庚申塚を紹介します。

この地は、江戸時代には村のはずれでした。昭和20年代まで、人家から離れた原中にぽつんと塚がありました。道路は左側が江戸と村山(武蔵村山市)を結び、右側が砂川(立川市)を経て八王子方面へと通ずる主要な道筋でした。

左から、湯殿山大権現祈願塔、馬頭観音、庚申塔、西国・坂東・秩父百番霊場巡拝供養塔

 そのためでしょう、三角辻に庚申塚が築かれました。村人たちは交通の安全を祈り、害をなすものが村の中に入り込まないように、お祈りやお願いをしました。

湯殿山大権現祈願塔、馬頭観音、庚申塔、西国・坂東・秩父百番霊場巡拝供養塔などがまつられて居ます。

おそらく、かっては、この地も、子供たちには「しようげ」か、何か恐ろしげな話が語られたものと思われます。石仏については別に記します。

(2017.07.01.記)22