軍需により拡張を続ける日立航空機(株)立川発動機製作所(以下立川工場)は昭和20年(1945)、米軍の空爆を受けました。工場群は完全に破壊されました。その経過は次の通りです。

空襲や米軍による爆撃、工場の壊滅状況などは『東大和市史資料編 1』 に記録されています。

昭和20年(1945

119日、政府は「空襲対策緊急強化要綱」を閣議決定、建物疎開を強化(多摩のあゆみ91p49)

◎日立航空機(株)立川工場疎開開始
216日、17日、立川や多摩飛行場が艦載機により空襲(武蔵村山市史下p471
217日午前7時、警戒警報
 午前1020分、60機編隊、立川飛行機(株)砂川工場を銃撃
 午前1020分~30分、30機編隊、日立航空機立川工場爆撃と機銃掃射
 以上は東京大空襲・戦災誌による 死者約78名。
 この時の大本営発表 一九四五年(昭和二十)二月十八日の朝日新聞記事。
 大本営発表
 一、敵艦載機は本二月十七日七時頃より、関東地方及び静岡県下に来襲せり
 二、本土来襲の敵機動部隊に対する昨十七日の邀撃(ようげき)戦果 
   現在までに確認せるもの次の如し、
   一四七機撃墜。我方自爆未帰還計六一機。地上における損害は僅少なり(東大和市史p345
◎村山貯水池の高射砲が撃ち、1機に命中、パイロットがパラシュートで脱出
310日、東京大空襲
3月、国民義勇隊の結成 本土決戦に備えて国民を防衛戦に動員
42日、村山村、B29爆撃機50機による空襲、長円寺に爆弾が落ちる
44日、村山村、B29爆撃機による空襲 長円寺に爆弾、真福寺に時限爆弾が落ちる
      村山貯水池に午前3時頃、焼夷弾と250キロ爆弾 50発投下される
47日、第一回目、松根油取り出し
412日、貯水池水路に1トン爆弾投下される
414日、15日、東京が大規模焼夷弾爆撃を受ける(多摩のあゆみ91p49)

『戦災変電所の奇跡』(東大和・戦災変電所を保存する会」
クリックで大

419日、P51戦闘機50機、B293機同伴 
 日立航空機立川工場にはP51戦闘機が機銃掃射 死者6
424日、午前730分警戒警報 
 同B29101機)によって日立航空機立川工場が爆撃を受けた。(アメリカ合衆国戦略爆撃調査)
 工場壊滅状況。27名が死亡 

 大和国民学校に負傷者収容(武蔵村山市史下p473

 この状況は飛来した米軍機を含め『戦災変電所の奇跡』(東大和・戦災変電所を保存する会」2017年4月1日発刊)に詳しく紹介されています。

524日、25日、東京が大規模焼夷弾爆撃を受ける(多摩のあゆみ91p49)

525日、P51が下貯水池と山口貯水池の取水塔めがけて爆撃(東大和市史p88
610日、午前8時~9時 B29が高射砲陣地と電波探知機帯を狙って
      300発位投下(東大和市史p88
611日、取水塔めがけて投下(東大和市史p88
6月、日立航空機立川工場の疎開工場として、横田のトンネル使用のため、疎開を開始、
    8月に完了。 815日終戦のため、ほとんど稼働しなかった。
81日~2日、八王子大空襲(多摩のあゆみ91p50)
815日、正午、昭和天皇のラジオ放送で、降伏発表。
    アメリカ、イギリス、中国のポツダム宣言により無条件降伏

東大和市立中央図書館に保存されている『小松ゼノア社報第129号』35ページ

 以上の3回の爆撃を受けて、日立航空機立川工場は壊滅状況になりました。操業は不能となりました。

 この爆撃、壊滅の様子をこのページで紹介することができないのが残炎です。資料をご紹介します。

(1)『東大和市史資料編 1 p80以下
(2)郷土博物館や変電所の公開日に所内に展示されている画像
(3)『戦災変電所の奇跡』(東大和・戦災変電所を保存する会」)
  2017年4月1日発刊、空爆の背景、空爆機など新たな動向を具体的に知ることが出来ます。
(4)小松ゼノア社報第129東大和市立中央図書館に保存)

 35ページには、工場に落とされた爆弾の状況を伝える貴重な資料米国戦略爆撃調査団による爆撃跡図」が掲載されています。

変電所跡

銃弾の跡が生々しく残る変電所跡 
クリックで大

 
                       

 爆撃の跡は現在ただ一つ、東京都立東大和南公園内に「変電所」が残されています。貴重な戦争遺跡として市民の保存運動が高まり、幾多の経過を経て残されました。

「旧日立航空機株式会社変電所」として市史跡に指定されています。変電所については別に記します。

 

 

戦災犠牲者慰霊碑

「太平洋戦争戦災犠牲者慰霊碑」 
クリックで大

 変電所跡東側に旧日立航空機株式会社立川工場の戦災犠牲者慰霊碑があります。碑文には、次のように記されています。

 「日立航空機株式会社立川発動機製作所は太平洋戦争中陸軍専管航空発動機生産工場として時局の要請にこたえていた。

 昭和20年2月17日、4月19日、4月24日と相次いで米軍機の空襲をうけ左記110名の尊い犠牲者を出し工場は廃墟と化したよってここにこれらの霊を慰めるため碑を建てるものである。」

 職種別犠牲者 学徒14、社員16、工員67、第六中隊1、外部社業員1、守衛4、家族8名  合計111

 

殉国産業戦士供養塔

「殉国産業戦士供養塔」円乗院(狭山)
クリックで大

 少し離れていますが、円乗院境内(狭山)に「殉国産業戦士供養塔」があります。現在のグリーンタウンの地にあった日本繊維化工(株)の工場建設の時に地中から発見された砲弾の破片や破裂した鉄片から、日本繊維化工(株)がこの地での死傷者を供養した塔です。