東大和市立公民館の歴史

 東大和市の公民館の大まかな歴史です。
 教育委員会は中央公民館と地区公民館あわせて、5館構想を定めました。
 新堀地区に「新堀地区会館」が建設され、公民館事業が行われることになりました。
 中央と地区あわせて6館を実に32年間かけて実現しています。

クリックで大

 左上 最初の「東大和市立公民館」、後に「南街公民館」となりました。
    現在は「南街公民館」が、平成5年(1993)、南街市民センター2階に移りました。
    建物は撤去されました。
 左下 中央公民館
 

  一目で、概略がわかるようにして、詳細は各館にリンクするように出来ないかと、試しに作ってみました。
 各館については、暫く時間を貸して下さい。最初に出来た「東大和市立公民館」については次に記しました。

 (2020.08.31.記 文責・安島)

 最初の公民館

 東大和の歴史・現代

 中央公民館

 狭山公民館

 蔵敷公民館

 新堀地区会館

 上北台公民館

 南街公民館