ブログ

7現代

千葉卓三郎が奈良橋村に滞在(東大和市)

千葉卓三郎が奈良橋村に滞在  五日市憲法草案の作成にあたった千葉卓三郎が奈良橋村(現・東大和市)の鎌田家に滞在していました。明治14年(1881)5月~9月にかけてのことです。当時、千葉卓三郎は深沢村(現・あきる野市五日 …

奈良橋自由懇親会(東大和市)

奈良橋自由懇親会(明治14年(1881)11月21日)  東大和市域内で行われた自由民権演説会は、芋窪村の学術演説会(昇隆学校・豊鹿島神社境内)、狭山村の自由懇親会(円乗院、高木・狭山・清水村地域)に引き続き、奈良橋村で …

狭山自由懇親会(東大和市)

狭山自由懇親会  明治14年(1881)9月25日 円乗院  明治14年(1881)5月6日、芋窪村で開かれた「学術演説会」に引き続いて、9月25日、狭山村円乗院において自由懇親会が開かれました。学術演説会から「懇親会」 …

芋窪学術演説会(東大和市)

芋窪学術演説会  明治14年(1881)5月6日、芋窪の昇隆学校で東大和市域内最初の自由民権学術演説会が開かれました。3月27日、中藤村の真福寺で青梅街道沿いの村人達が集まり、「人民の自由、権利の伸張、天賦の自由、人生の …

中和会の発足(東大和市)

中和会の発足  明治14年(1881)のことです。1月15日、府中の高安寺で、自由民権の実現をめざす北多摩郡有志による自治改進党が結成されて発会しました。その熱々の雰囲気がたぎる2月15日、小川村の小川寺に、青梅街道周辺 …

自由民権演説会が開かれるまでの経過(東大和市)

自由民権演説会が開かれるまでの経過  明治12年(1879)、神奈川県議会が開設されます。その動きに合わせたように、各地で政談演説会が開かれます。「人民自治の精神」「自主の権利」をテーマとする民権思想の普及を目指し、併せ …

新聞購読会(東大和市)

新聞購読会  明治14年(1881)、東大和市域の村々で新聞の共同購入、回覧読みが始まりました。新聞は高価でした。個人ではなかなか購読出来ませんでした。時の動き、自治を学ぶ衆楽会の発足に刺激されて、村人達の間に、それらを …

初めての村会(東大和市)

初めての村会(明治12年・1879) 1東大和市域の村々に村会が置かれることになった  明治12年(1879)6月13日、神奈川県は「町村会規則」を布達しました。  村に「村会」を置くことを定めたものです。  明治14年 …

幻の村山村騒動3

幻の村山村騒動3  明治34年(1901)、当時の東大和市域は、芋窪村、蔵敷村、奈良橋村、高木村、狭山村、清水村の6村で、高木村他五ヵ村組合村を構成していました。この組合村の村長が ・各村の合意を得ないで、いきなり各村を …

幻の村山村騒動2

幻の村山村騒動2    北多摩郡長から呼び出された高木村外五ヶ村組合会の議員達は、郡長と村長の一方的な進め方の背景に何かがあることを察し、反対の運動を郡長を統括する府知事に向けて続けます。 ⑦東京府知事に反対を訴え  明 …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.