ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • jinnzyatojiinn

タグ : jinnzyatojiinn

明楽寺墓地の石造物

 高木神社境内の東側、路一つを隔てて明楽寺墓地があります。  明治の廃仏毀釈で廃寺になりました。円乗院の隠居寺とされます。その墓地が残されました。  現状は草に覆われています。2006年撮影の画像です。 詳細は別に記しま …

高木神社前の石造物

高木神社前、清戸街道に面して5体の石造物がまつられています。 道路の拡幅などにより、この地に遷されました。 享保4年・1719から昭和4年・1929に至る村人達の祈りの対象です。       …

明楽寺と明楽寺墓地

 江戸時代、高木神社境内、現在の社務所のあるところに明楽寺という寺がありました。円乗院住職の隠居寺と云われます。高木神社(江戸時代の尉殿権現社)を別当として管理していました。明治の神仏分離令で廃止になりました。  地誌は …

塩釜神社(東大和市高木)

 高木神社の東側に塩釜神社がまつられています。安産の守り神・「高木のシオガマ様」と市外からも多くの方々に頼りにされてきました。 昭和の末までは、お腹の大きくなった娘さんのために、仲人さんと親御さんがお守りを頼みに来たり、 …

高木神社(東京都東大和市)

所在地 東大和市高木二丁目104番地 祭 神 記念碑では高皇産霊神(たかむすびのかみ) 『狭山の栞』 では手力雄命(たじからおのみこと)  煩雑を避け、ここでは神社の全体的な構成、景観をまとめ、個々の内容については別に記 …

狭山三十三観音(東大和市内 第十五番~第十九番札所)

 狭山三十三観音霊場は、狭山丘陵とその周辺を一周するように設けられています。第一番は所沢市山口の山口観音で、第三十三番は所沢市三ヶ島の妙善院です。この間、所沢市、東村山市・東大和市・武蔵村山市・瑞穂町・入間市の5市1町を …

三光院の歴史

 所在地 清水四丁目1232番地 旧地 村山貯水池湖底 山口領宅部郷清水村之内上宅部  宗 派 新義真言宗、豊山派。本尊・阿弥陀如来。 もとは多摩湖の湖底、現在の下堰堤から最も近い取水塔の近くにありました。  多摩湖の建 …

慶性院

慶性院 所在地 芋窪六丁目1353番地 宗 派 新義真言宗豊山派、本尊・不動明王。白部山医王寺と号す。中藤村・真福寺の末。   東大和市内で一番西にあるお寺です。  村山貯水池の建設に伴い、大正11年(1922)、旧地の …

雲性寺の歴史

雲性寺の歴史 文久2(1862)年の火災により古い記録をすべて失っています。 『信仰の姿と造形』(東大和市教委育委員会発行)は次のように記します。 ・後世の地誌類、寺伝などによれば、永享11年(1439)に堂宇を建設 ・ …

円乗院の歴史

 寺伝の「円乗院略縁起」により紹介します。 ・開山賢誉法印が平治元年(1159)2月8日寂。その墓誌が円乗院代々住職の墓所にあります。 ・古くは延寿院と呼び、後ヶ谷村(現在の東大和市狭山)の「上の屋敷」にあって、薬師如来 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.